<< パリのロフト-サマンタさんのお... インドへトリップ/角野恵子@山梨 >>

ブログがもたらしてくれた出会い/加藤@東京

Les champs libres レ・シャン・リーブルのワインを飲んだ。
ローヌ地方にあるst-perayの、発泡白ワインだ。

このブログにコメントを下さったebizo-ichiさんのブログを覗きにいったら、
とても、すてきな暮らしをされていたので、読み進めていくと(写真がきれいなんだ、また)、
彼女のご主人(フランス人)がワインの作り手だということがわかった。

e0174436_1654164.jpg
それも見覚えのあるエチケットで、絶対どこかで飲んだことがあるワイン。

こんな風に人とつながっていけるブログっておもしろいと思い、
早速、あらためて1本買ったのが、上の写真のワイン。

st-perayは、コート・ドゥ・ローヌの北側、
リヨンから90kmくらい南下したところにある村。
発泡白ワインで有名な産地のようだ。

さて、このワインのおいしさを、お伝えしたいのですが、
私にはワインを表現するふさわしい言葉がなさすぎる……。

本当の辛口で、見た目の泡の大きさに比して、口あたりはとても繊細。
口に広がる、独特のうまみというか、香りというか、後味が特徴的。

シャンパングラスで飲んだけれど、普通のワイングラスで飲んだほうが合うかも。
泡ワインというより、白ワイン感覚でというのが、おすすめ。

おいしかったです!(この一言には、自信があるゾ!)
なんといっても、2500円前後で、この味なのがすごい。

ちなみに、あるワイン通販サイトのコメントによると、
「レ・シャン・リーブル社は、
ローヌの自然派の巨匠、ダール・エ・リボのルネ・ジャン・ダール氏が手掛ける
『あらゆる美味しいもの専門店・専門商社』」とあり、
ワインの製造だけでなく、おいしい食材をよりすぐって紹介&販売もしている。

オリーブオイルや、スープ・ドゥ・ポワソン、オイル・サーディンなど、扱っているみたい。
ああ~、食べてみたいな。
オリーブオイルも使ってみたいけど、通販はフランス国内限定なのだそう。
フランス在住者のかた、チャ~ンスですぞ!

日本が誇る宅配システムとは違い、
ハラハラドキドキの郵送システムのフランスでの通販はいろいろ心労も多そうだけど、
気になる、気になる……。

その後、もともとこのワインと出合っていた場所も確定できたので、
この話は、またの機会に!

そして、次回はダール・エ・リボのワインも飲んでみたいな。
[PR]
by societebonne | 2009-07-17 07:24 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< パリのロフト-サマンタさんのお... インドへトリップ/角野恵子@山梨 >>