<< 今、私たちがしなくてはならない... バーベキュー、フランスと日本/... >>

パリでうちごはん 実践編①

e0174436_1012097.jpg


「パリで『うちごはん』」では、アパートホテルに泊まって、パリを旅する楽しさをいろいろ紹介しています。
今回、ひさびさにパリに行くことになり、いろいろ迷った末に最終的に選んだのは、
やっぱり、アパートホテルCitadines Tours Eiffelでした。

料理をしようと思っていたわけではないけれど、
キッチンがあるのは、何かと便利。
マルシェで買ったフルーツを食べる、
コーヒーにやられがちな胃のためにハーブティをいれる、
バゲットを、気になっていたおいしいバターで食べる……、などなど。

なにより、よかったのが、スープが食べられたこと
(フランスではスープを飲むとは言わず、食べるといいますね)。

胃が疲れてきていて、レストランの前菜に冷製スープを探したものの、なかなか出合えず、
アパートホテルの前の、モノプリ(スーパー)で、見つけてきました。

温かくしても、冷たくしてもOKそうなものだったので、
朝食や、ひとりごはんののときに、ずるずるといただきました。

上のは、ブロッコリー+スティルトン&生クリームで結構濃厚タイプ。

下のは、にんじん+コリアンダーで、牛乳が入ってないタイプ。BIO(オーガニック)です。

e0174436_10159100.jpg


ブロッコリーのほうが断然好みでおいしく、いただきました。
かなりレベル高しです。そこらのカフェよりはうまいと思います。
にんじんのほうは、体にいい!って感じで、疲れた体にやさしいお味。
すりおろしにんじんがたっぷりで、コリアンダで少しさわやかな味になってます。
疲れた体に、クリーム系はきついというかたに。

どちらにしても、旅行中に不足がちな野菜もたくさんとれるし、
気軽だし(レンジで温めるだけ or そのまま注ぐだけ)、
「パリで『うちごはん』」のおともに、野菜スープ、ぜひにチェックしてみてください。

野菜コーナーの、冷蔵売り場などで見つかります。

上のシリーズは、ボンマルシェにも、ありました。
[PR]
by societebonne | 2009-08-11 10:02 | アパートホテル・ホテル
<< 今、私たちがしなくてはならない... バーベキュー、フランスと日本/... >>