<< シャンパーニュ メゾン見学の旅... 気になっていたバター発見! i... >>

ビオが身近になりました/角野恵子@パリ

e0174436_2159494.jpg

スーパーの自社ブランド、いろいろありますよね。
日本なら、ダイエーのセービング、ヨーカドーのセブンプレミアム、などなど。
一般のメーカーの商品より、お値段控えめなところが魅力です。

同じものがフランスにももちろんあって、モノプリカルフールといった日本でもよく知られている店舗から、地方がメインのスーパーまで、ほぼ100パーセントの確立で自社ブランドをもっている印象です。

そんな中で、最近とても感心しているのが、自社ブランドのビオ(オーガニック)製品。
この間の日曜日、久しぶりに近所のSuper Uへ行きました。この店は珍しく、日曜日も午前中だけはあいています。
(フランスは基本、日曜日に店は営業しません)
そしたらあるわあるわ、Uブランドのビオものが!
食品はもちろん、洗剤なども一通りそろっていました。

前日の土曜日、例によってビオコープで買いものをしたばかりだったのですが、せっかくなのでいくつか購入。
スモークサーモン、卵、バター、コンテチーズです。
スモークサーモンはとても良質!コンテも味わい深く、なかなか!!(私の好みは硬いコンテ、Uビオのコンテはソフトでしたが)

『HOME~空から見た地球~』を見て以来、それまでは自分のために選んでいたビオを、別の視点で手に取るようになりました。
もちろんおいしいし、使い心地がいいからこそ、ですけどね。

クロワッサン別冊ビオの9号が、この秋発売されます。
そこで担当させていただいたパリ特集の内容と今回のブログ、だぶるなー……
[PR]
by societebonne | 2009-09-08 14:20 | パリの最新情報
<< シャンパーニュ メゾン見学の旅... 気になっていたバター発見! i... >>