<< 初秋のパリ、凱旋門/角野恵子@パリ ビオが身近になりました/角野恵... >>

シャンパーニュ メゾン見学の旅④/加藤@東京

e0174436_10403685.jpg

なんか、また、バタバタしそうな気配が濃厚になってきたので、今のうちにシャンパーニュの話題を。

今回、ご紹介するのはDe Souza et Fils  ド・スーザ

旅に出かける前に決行したシャンパーニュ会で、満場一致で気にいったのが、ここ。

ビオ(有機・無農薬)を実践しているレコルタン・マニュピュランだとの情報があったのですが、
実際に訪ねてみると、ビオにこだわってはいるものの、
自社のぶどうだけでないということだったので、
ネゴシアン・マニュピュランのメゾン。
2004年にすぐ近くに大きなカーブを買い、規模を広げている様子。
でも、こじんまりとした家族経営的な雰囲気が漂ってました。

e0174436_1041196.jpg
e0174436_10412194.jpg

このメゾンがある AVIZE は、シャルドネで有名な村。
そのシャルドネで作られたシャンパーニュになる前のワイン、ヴァン・クレールvin clairを
樽から出して飲ませてもらったところ、
上質なブルゴーニュワインを思わせる香りとなめらかなコク。
このまま、白ワインとして飲みたいほど、おいしいものでした。

おいしいシャンパーニュは、泡がなくてもおいしいもの
それが本当によく分かった衝撃的な試飲。
当たり前のように飲ませてくれるということは、自信の表れでも、ありますよね。
”元のぶどうの味、土地の味がする”、
これが、おいしいシャンパーニュと、泡でごまかすシャンパーニュとの決定的な違い。
そのことが、よく分かりました。

e0174436_10414047.jpg

オリ抜き(デゴルジュマン)の機械も、大手に比べたら本当に小さなもの。
そんなところまでも、気軽に私たち一般人に見せてくれたのも、うれしかったです。

e0174436_10425162.jpg

最後は、試飲。
すべて無料なのに、ガンガンついでくれて、おかわりまで!
上の写真でもちらりと写ってますが、
細いフルートグラスではないどころか、
シャンパーニュグラスでさえもないような、
白ワインを楽しむのに近いグラスで出されたのも印象的。

シャンパーニュは、立ち上る泡を楽しむというより、
香りや味わいを楽しむものという主張の表れのようにも感じました。


というわけで、かなり飲んで、かなり酔っ払った私たち。
大満足で村を散歩して、みつけたのが、
自然派シャンパーニュ界の大物メゾン、ジャック・セロス ↓ 。
e0174436_10433817.jpg

e0174436_10441182.jpg

ド・スーザのすぐ裏でございました。
素敵な雰囲気ですが、
一般公開どころか、小売もできませんという貼り紙が。
高すぎて(&レアすぎて)飲めませんが、一応、拝んできましたという写真です(笑)。

ジャック・セロスとは違い、
一般大衆でも楽しめるシャンパーニュ、ド・スーザ。
全体に優しい、でも、骨のある味わいです。
機会があったら、ぜひ、お試しを!
[PR]
by societebonne | 2009-09-09 18:52 | フランスの地方へ
<< 初秋のパリ、凱旋門/角野恵子@パリ ビオが身近になりました/角野恵... >>