<< パリでうちごはん 実践編② f... 自宅で清水牧場/加藤@東京 >>

「パリでうちごはん」の使い方/角野恵子@パリ

e0174436_0161954.jpg

さっそくあからさまな宣伝ですが(なぜ「さっそく」なのかは、前回のかとうのブログをご参照くださいませ)
今回は、ガイドブック「パリで『うちごはん』」の使い方をすこし。

この本は4章に分かれています。

1- 作って食べる「うちごはん」
2- 買って食べる「うちごはん」
3- カフェ&ビストロで「そとごはん」
4- そして、「c'est bon なおみやげ」たち

e0174436_0171399.jpg

1の作って食べる章では、マルシェやスーパーでの買い物の仕方もご紹介。
店の人とのやり取りに役立つ「ショッピングフレンチ」も掲載しました。

私のいとこがパリに留学するとき、おばはこの本を持たせたそうです。
確かに、右も左もわからずフランスに住み始める日本人にとっては、有益な情報が満載です。
人間、食べないと死んでしまいますから。

e0174436_0193156.jpg

2の買って食べる章には、フランスの人々が日々食べている、シンプルでおいしいものたちが大集合。
惣菜屋さん、パン屋さん、チーズ屋さん、ケーキ屋さんなどにある、フランスらしい定番を厳選しました。
もちろんここにも「ショッピングフレンチ」があります。
旅行中「今日はレストランの気分じゃない……」という時や、軽く済ませたい時などにも
役立ててもらえるとうれしいです。

e0174436_0241394.jpg

3のカフェ&ビストロでは、その使い勝手とあわせ、私たちの厳選(つまりおやじ)アドレス!!!!!もご紹介しています。
こってこてのカフェ&ビストロ、そしておなじくこってこてのメニューのセレクトは、
パリジャンも一目置いてくれる(これ本当)「正統派」。
フランス映画に入り込んだ気分を、きっと味わってもらえる、アドレスとお料理だと思います。

注文に便利なフランス語にあわせ、失敗しない注文の仕方(「シェアします」と一言そえるなど)も掲載。
細かい気配りですよねー!!(庶民派?)

e0174436_0244822.jpg

4は、パリ旅行の達人であり、人気料理研究家である重信初江先生が案内する、おしゃれで気のきいたおみやげコーナーです。
レアものもたっぷり!

ところで、今回アップしている写真は、「パリでうちごはん」とはまったく関係ありません。
いつもの田舎の家、セシー村そばの村にある、ひなびたバー・レストランで撮影したものです。
(バーコーナーはギンガムチェックのテーブルクロス、
レストランコーナーは、水彩画風のイラスト入り紙クロスでした。不思議)

e0174436_025186.jpg

ではなぜ、この写真を掲載しているのでしょう?

それは、こんな「素のフランス」を、「パリでうちごはん」のページをめくるたびに感じてもらえる、と思うから。

……もしかして、「じゃ、この本、見なくていいな」と思ってません?!
本の写真は、すばらしいですからね!こんなんじゃないですよ!!!!!
……と、いうことで、是非お手元に1冊です。

追伸、
写真の料理は、砂肝のサラダと、ゆで卵のマヨネーズかけ、カラフワイン(コート・ドゥ・ローヌ)です。
どれもビストロの定番メニュー、庶民の味方たちです。
[PR]
by societebonne | 2009-09-18 01:52 | フランスの地方へ
<< パリでうちごはん 実践編② f... 自宅で清水牧場/加藤@東京 >>