<< 今日は、手抜き。 第2段?/加... 今日は、手抜き。/加藤@東京 >>

サロン・デュ・ショコラ・パリ2009 ②/角野恵子@パリ

かとうが大変そう…… 新鮮なうちにお届けしたいサロン・デュ・ショコラのニュースを、ちょっと(また)アップです。
e0174436_20151744.jpg

こちら、サダハル・アオキさんの新作。マカロンのラスクです。
デリケートなマカロンは、製造の過程でかなりのロスが出てしまう、非常にもったいないお菓子。
最高の素材を使い、丁寧に作っている現場の人たちこそ、そのもったいなさを切に感じていると思います。
で、誕生したのが、商品にできないマカロンを再利用した、このラスク。
試食させていただくと、マカロンとは又別の食感&お味で、これはこれとして(つまりマカロンとは別物として)
十分に楽しく、おいしくいただける商品でした。

10月14日、クロワッサン別冊ビオ9号が発売され、我が家に届くのを心待ちにしているのですが、その取材中に見つけたフランス流環境コンシャスな動きのことを思い出します。
今回の記事には盛り込めなかったのですが、例えばラデュレやホテル・ル・ムーリスでは
パティスリーのロスが出た場合、職員のカフェテリアにもって行くのだと聞きました。
こうすることで、廃棄される運命だった上等な不良品(というのも変ですが)が、職員たちにメゾンの味を覚えてもらうという、新しい役割を果たすことになる。
些細なことかもしれませんが、本当に大事なことだと思うのです。

なので、このラスクを作ったアオキさんに、私はブラボー!と声援を贈りたい!!!!!
ラグジュアリーなイメージを確立し、維持するのは、ものすごく大変なことだと思います。
でも勇気を持って、廃品利用(失礼)をしているわけですから!

さて、サロン・デュ・ショコラ・パリは、2年に1回、プロ向けのフロアが設置されます。
そのフロアで見つけたアオキさん。
e0174436_20404161.jpg

一般向けのフロア同様に、ここでも黒山の人だかりです。
毎年思いますが、本当に大変な人気。 すごいことです。

この間ご紹介したサロン・デュ・ショコラ・パリ速報は、オーガニック&砂糖・ミルク未使用のローフードチョコレート、
今回は廃品利用のマカロン・ラスク。
どちらも、私の心に響いたニュースでした。

PS
ラデュレのマカロン(そのほかのパティスリーすべて)と、カミーユ・ルセックのパティスリーを
無料で、好きなだけ食べることができるなんて、職員の皆さんも幸せですよねー!いいなー……
[PR]
by societebonne | 2009-10-17 20:52 | パリの最新情報
<< 今日は、手抜き。 第2段?/加... 今日は、手抜き。/加藤@東京 >>