<< プラリュのおっきなチョコレート... ジャックソンのシャンパーニュ/... >>

ミルフィーユの食べ比べby figaro/加藤@東京

e0174436_19581030.jpg


見よ! このでっかい、ミルフィーユ!!!
現地で食べた時も大きいと思っていましたが、
日本でこうやって写真で見ると、さらにでかい。

これは、すみのが以前の記事に書いていたジャック・ジュナンでいただいたもの。
ミルフィーユの、パイ生地が湿ってしまうので、
ショーケースには、並んでおらず、
注文したら、それから、クリームと合わせて提供してくれます。
なので、基本は併設のサロンで食べる用のケーキです。
(友人は、すぐ食べるからということで、持ち帰りをさせてもらったと言ってましたが)
生地、サックサクで、かつかみしめる系、うまいです。

***
さて、フランスのフィガロのサイトを眺めていたら、
食べる系の話は、知ってる単語量も多いので、ある記事が目に飛び込んできました。
それは、フィガロお得意の食べ比べ記事。
今回は、ミルフィーユ。
(以前にも、エクレアとか、ハムとバターのサンドイッチとか、
 興味深い食べ比べしてましたね)。

←ここをご覧ください。

この記事の食べ比べの結果、パリ市内の、ミルフィーユの順位は、

1位 Stéphane Vandermeersch 12区
2位 Pâtisserie de l’Église 20区

3位 Angelina
4位 Jacques Genin
5位 La Grande Épicerie de Paris(ボンマルシェの食品館)
6位 Ladurée

と、続いてます。
上の写真の、ジャック・ジュナンは4位でしたね。
(ピエール・エルメなど、週に一度しか作らないところや、予約をして作ってもらうところは、
今回の審査対象になっていないそうです。
なので、すみののおすすめ、sucre cacaoも入ってません)

3位には、パティシエが代わったという、アンジェリーナが入っています。
5位、6位は、おなじみのところ。

ちなみに、1位、2位のところは、私は行ったことがありません。

1位の、Stéphane Vandermeerschは、ピエール・エルメの元で働いていたという、
今をときめく、エルメ派?。

この記事(仏版エルのサイト) によると、「毎日、少なくとも一度はエルメについて考える」そうです(笑)。
すばらしい師弟関係ですねえ。なんか。

やっぱり、エルメさんはそれだけすごいってことでしょうね。

Stéphane Vandermeersch 
278, avenue Daumesnil, 12区
01 43 47 21 66
日・月休
[PR]
by societebonne | 2009-11-12 07:08 | フランスの食&お惣菜
<< プラリュのおっきなチョコレート... ジャックソンのシャンパーニュ/... >>