<< マルシェ・ド・ノエル-シャンゼ... ご近所さん御用達、小さなマルシ... >>

ブーダン・ノワール再び/加藤@東京

また、ブーダン・ノワールの話題です。
東京で、どこのブーダンが好きかを見極めるべく、
最近、ブーダンを見つけると、必ず食べています。

e0174436_20595552.jpg


カメラを忘れ、慣れないケータイで撮った写真で、なんだかもやかかってますね。
(ブロガーにあるまじき、失態だわ)

東京・西麻布にあるビストロ・ド・ラ・シテ
akikoさんからも、ここ、いいのでは?とおすすめされてました。
10年以上ぶりくらいに、伺いました。

昔からある、古きよき雰囲気のビストロで、
今、ホームページを見たら、1973年の開店となってますから、本当に、老舗ですね。
昔ながらのフランスらしさを残すビストロで、
パリでもなかなか、ここまでオーセンティックな感じの店を見つけるのは難しいかもなあとさえ、思います。

今のシェフは、クリスチャン・コンスタン氏のレストラン、
ヴィオロン・ダングルのスーシェフを務め、今年5月に帰国した人のようです。

そこで、いただいのが、上のブーダン・ノワール。
付け合わせは、じゃがいものピュレと、リンゴ。 いちばん、ティピカルなつけ合わせで好きです。
バスク風となっていたので、聞いてみると、
血だけではなく、豚の頭や耳まで、入っているとのことでした。

皮がしっかりしていたのが、印象的。
中はとろりと、少し甘みも感じるような優しいお味。
うん、おいしいねえ==!

ほかにも、
オニオン・グラタンスープや、スープ・ド・ポワソン、
カスレ、シュークルートと、惹かれるメニューが満載。
ビストロに徹してる姿が、いいなあと思いました。

ブーダン・ノワール、
ラ・ピッチョリー・ドゥ・ルル のも食べなきゃだし、マルディグラのも、気になる。
そして、やっぱりガツン系な店が好きなんだよねえ~。


・・・
パリの、すみの様

小さなマルシェ、使い勝手がよさそうだね!
歩いていけるところなの?

パリのレストランで見かける、ブーダンは、前回のブノワのような形のほうが多い気がするのですが、
↑ 上の写真のような形で出てくる店を見つけたら教えてね。 
すみのが、これを食べることはないと思うけど、
いっしょにいる人が食べていたら、ぜひ、激写してくださいませ。

フランス在住のみなさまも、ぜひ、激写、よろしくお願いします!
[PR]
by societebonne | 2009-12-02 09:20 | 日本で楽しむフランス
<< マルシェ・ド・ノエル-シャンゼ... ご近所さん御用達、小さなマルシ... >>