<< 「パリで『うちごはん』」のこと... マルシェ・ド・ノエル in T... >>

ビストロ「テロワール」オーナーが変わりました/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

おはよう!
かとうのアドバイスで「テロワール」に電話をしてみたところ、やはりオーナーが変わっていました。
1年半ほど以前からだそうです。

*「テロワール」は、私たちソシエテ・ボンヌの共著「パリで『うちごはん』」で、
大きく紹介したビストロ。(P64~)
こってこての古きよきパリのビストロ、いまでは貴重なマーケティングゼロの硬派(?)です。
メニューを広げるや否や、テリーヌ型ごとサーブされるパテはお通し。
これを好きなだけいただきつつ、ゆっくりと「何を食べようかな」と考える、
フランスの素敵な習慣が生きていた場所で、
デザートのチョコレートムースも、大きなサラダボウルのまま持って来られて、それをテーブルでめいめいがよそる、というスタイルでした。

オーナーが変わっても、エスカルゴやらブルギニヨン風牛肉の煮込みやらの名物料理は健在だそうですが、
残念なことに、この「テーブルでめいめいが取り分ける」というサービスは、なくなったそうです。
現オーナーの話では、「衛生上の問題で、今ではそうできない」とのことでした。
でも、お通しは存在するそうです。小さな容器で出してくれるのだって。

ああいう「おっさんの心意気」を感じさせてくれるこてこての店が、どんどん減ってゆくのは残念なこと。
機会があれば、新しい「テロワール」に足を運び、どんな感じか実際に体験したいと思います。
[PR]
by societebonne | 2009-12-07 17:17 | フランスのレストラン・カフェ
<< 「パリで『うちごはん』」のこと... マルシェ・ド・ノエル in T... >>