<< また、さぼり?/加藤@東京 今日は、さぼり/加藤@東京 >>

仏女性シンガーJil Caplan ジル・キャプラン/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

ほほう……たしかに存在感のある器。が、どうしてもぶどうに目が行ってしまう私。
あっさりと美しいたたずまいで、なんていう種類?と気になっていたら、Hatsueさまからのコメントで
すべて明らかになりました。
すばらしいチームプレイ!Hatsue先生、ありがとう!!(&ボロ市、おつかれさま!)

さて、先ほどパリから戻ったのですが(RERのストで大変)、外は指先や耳が痛くなる寒さ。
道路もあちこち凍っていました。
シャンゼリゼ大通りのヴァージン・メガストアに立ち寄ると、先日話題に上ったシャルロット・ゲンズブールの
アルバムが、どどーん!と陳列されていて、クリスマスプレゼントに買い求める人も多い気配でしたよ。

音楽の話題ついでに質問。ジル・キャプランというフランス人女性シンガーをご存知?
私は知らなかったのだけど、1992年に「Tout Ce Qui Nous Sépare(私たちを引き裂くすべてのもの)」
という、ヒット曲を歌ったミュージシャンなのだそうです。こちら ↓



わが夫フィリップは今、ジル・キャプランと一緒に仕事をしていて、彼女のアコースティックアルバムを製作中。
順調に行けば、エティエンヌ・ダオ(仏男性シンガー、この人は知ってる)がデュエットで
参加することになるそうです。
そうなると、いよいよフィリップの立ち上げたダルマ・プロダクションも、回り始める!ということ。
本当にそうなってほしい。2003年創業だったかな?苦節6,7年かー……(まだ終わっていません)

おっと、そんなことより、ジル・キャプラン、日産グロリアのCMソングに、彼女の歌が起用されたことがあるよう。
フィリップのために、レコーディングの成功を祈ります!
[PR]
by societebonne | 2009-12-15 23:13 | 本・ホームページ・音楽・映像
<< また、さぼり?/加藤@東京 今日は、さぼり/加藤@東京 >>