<< 寅!謹賀新年!/角野恵子@パリ ボナネー/加藤@東京 >>

「2009年、お世話になりました!」/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、そしてこのブログを応援してくださった皆さまへ、

2009年が、もうすぐ幕を閉じます。
1年間のご支援に感謝を込め、ルブランファミリーからメッセージです。

麻衣子(11歳)「メルシー、ありがとう!」
e0174436_23494133.jpg


自由の女神、美奈(9歳)「見てくれてありがとー!」
e0174436_23503973.jpg

      ↑ この辺、奥のほうに、かめの水槽が写っています。
(彼もれっきとしたルブランファミリーのメンバーですが、水槽が粗末なのでアップはひかえました。)


テト(3歳)「にゃりがとにゃん!」
e0174436_23512874.jpg


スピド(1歳)「……」 
e0174436_23521165.jpg

                   ↑ このひととはいつも、コミュニケーションが難しい。


すみの「ブログをとても楽しみました!」           フィリップ「メルシャンのメルロー、いけますね」
e0174436_23525785.jpge0174436_23542039.jpg







←これ、メゾン・デュ・ショコラのフランソワ・プルミエ店で開催されている、チョコレートの講習会に参加した際の写真。





この講習会は、メゾン・デュ・ショコラの創業者、ロベール・ランクスさんが折を見て行っていたというチョコレートの説明会を、5つのコースに統計だてたもので、私はTamanacoというチョコレートができるまでとその歴史を知る+プレーンなガナッシュ作りコースを体験。
カカオの産地の映像とともに、そこでどのようにしてカカオの実が栽培され、加工され、最終的に板チョコの形になるのかを教えてもらい、産地やカカオの品種の違うチョコレートを試食し、
最後にガナッシュ作りのテクニックを伝授していただいたのです。
作ったガナッシュは、参加者みんなで分けて持ち帰ります。(包んでもらえます)

「このように背景を知ると、今までただおいしいだけだったチョコレートが、一口口にふくむと産地の畑を連想させ、そこで働く人たちを連想させる。チョコレートが1瞬の旅をさせてくれる」
と、現在メゾンのクリエイティヴ・ディレクターを勤めるジル・マルシャルさんの言葉が印象に残っています。

講習会の詳しい情報はHPをどうぞ。(フランス語)
講習会は基本的にフランス語ですが、日本人スタッフに通訳をお願いすることも可能とのことなので
HPから、または電話で問い合わせることをおすすめします。
ジル・マルシャルさん本人による、チョコレートを使ったパティスリーの教室もあるそうで、こちらは先のHPには掲載されず特別オーダーになるとのこと。
何人か誘い合わせてトライしたいですよね。

……やっぱり最後まで食べ物だ……


かとうには、私の分も日本のお正月を楽しんでもらいたいです。
つまり「家族みんなが集まって、テレビを見ながら御節をつつく」、これをやってもらいたい。
御節は、紅白なますと筑前煮を、特に熱心に食べてくださいませ。今の私の夢です。
ふくよかな日本酒も飲んでね。黒豆もね。(まだまだ出てきそうなので、この辺でとめます)

私はフランスでかとうの分も、ガレット・デ・ロワを食べることにします。
もうパン屋に並んでいるのよ。

2010年が、皆さまにとって(そしてかとうにとって!)実り多い1年でありますように。
[PR]
by societebonne | 2009-12-30 00:49 | 近況&その他
<< 寅!謹賀新年!/角野恵子@パリ ボナネー/加藤@東京 >>