<< サロン・デュ・ショコラ 201... ガレット・デ・ロワ2010/加... >>

ラデュレのガレット・デ・ロワ 2010/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

東京のガレット・デ・ロワもおいしそうですねー。
パティシエにしてもなんでも、日本人ってすごいと思う機会が、パリにいると多いように思います。
2007年に友人に誘われて、ガレット・デ・ロワ食べ比べ会に参加した際も、
パリの「とらや」のものがかなりきわだっていて、やっぱり日本人はすごい、と実感したのでした。
ちなみに、パリの「とらや」のガレット・デ・ロワは、決して軽くはなかったです。
本格派だったので、ガツン大好きかとうがいたら、泣いて喜んだかもしれません。
e0174436_1682689.jpg

で、この王冠!
ラデュレですよー。
以前Hatsueさんからのコメントで、フェーヴがマリー・アントワネット風でかわいいと知り、
以来楽しみにしていた1月14日(木)。
この日、ラデュレ・ボナパルト店 で、2010年のバレンタイン&春の新作発表会が開催され、
集まった面々にガレット・デ・ロワが振舞われたのです。

一般的なフランジパン(正しい日本語名はフランジパーヌというの?)と、クリスチャン・ラクロワ氏デザインの
ガトー・デ・レーヌ(女王様のお菓子)の2種類。
ガトー・デ・レーヌは、カイザーさんの回でもご紹介した、例の南仏版ガレット・デ・ロワ(フルーツのコンフィを散らした輪型のブリオッシュ)です。
フェーヴも、王冠も、ムッシュー・クリスチャン・ラクロワのデザイン!!!

「クリスチャン・ラクロワという企業ではなくて、彼自身がデザインしたのよ。
このムッシュー・クリスチャン・ラクロワというところが大切なんだから!」とサフィア さん。
もともとモードの世界にいた、彼女のネットワーク力の賜物ですね。

個人的には、フェーヴよりも、ピンクのリボンをあしらったこの王冠に惹かれました。
2010年今年は、1月17日までラデュレのガレット・デ・ロワを楽しめます。(販売期間が延長される可能性あり)

で、ネットワーク力でもう1つ、今年のラデュレのバレンタインは、はっとするほどグラマラスなのです!!!
e0174436_16493367.jpg

YAZBUKEYのデザイナー、ヤズさん ↑ が、ラデュレのために色っぽくてチャーミングなマカロンボックスをデザインしました!!!
でも写真は秘密。
ブログに掲載されるとあっという間にコピー商品が出回るので、NGなのです。

ヒントは……去年のスワロフスキーコラボのマカロンボックスよりも、さらにインパクト大。
きっと日本では、ホワイトデーに登場するのではないかな。

ちなみにヤズさんの愛犬、ヴィクトールちゃんは、お洋服に合わせて赤いマニキュアをしていました。

さて、ガレット・デ・ロワ、今週は5回食べたし、1月29日にも食べる予定があるし、まだまだ食べそうです。
機会を見つけては皆で集まり、親睦を深めつつお菓子を食べる、フランスの人々の習慣って
気が効いているな、と思いますよねー。

Ladurée Bonaparte
21 rue Bonaparte - 75006 Paris
Tel : 01.44.07.64.87 - Fax : 01.44.07.64.93
[PR]
by societebonne | 2010-01-16 17:02 | パリの最新情報
<< サロン・デュ・ショコラ 201... ガレット・デ・ロワ2010/加... >>