<< エセ・エッフェル塔/加藤@東京 サロン・デュ・ショコラ 201... >>

パリのショコラ特集by「家庭画報」/角野恵子@パリ

e0174436_0481262.jpg

東京のかとう殿、

伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ、大変な賑わいのようですね。
せっかくなので、私からもショコラの話題。

↑ 生のフルーツを丸ごとつかったチョコレートは、凱旋門に近いリエボーのもの。
ショコラフォンデュ風で、見た目もかわいらしく、子供たちに好評でした。
このお店の目玉商品だ、と、個人的に思っています。(チョコレートボンボンは、私としてはそうでもない)

e0174436_049331.jpg

↑ こちらはフィリップ・パスコエッツ
ジュネーブのショコラティエ、でもご本人はフランス人という、面白いメゾンです。

現在発売中の「家庭画報」冬のパリ、ショコラのある幸せで、コーディネーターを勤めさせてもらいました。
その中で、上の2件も取り上げています。

チョコレートは、産地とか、木の種類とか、ワインさながらに深く追求されるかたがたが増えているようですね。
そんな風潮の中、「チョコレートがどれだけパリの人々に愛され、日常に溶け込んでいるか」を、ただ素直に見せてゆく「家庭画報」のアプローチに、とても共感しました。
ワインのセパージュだって、ソラで言えるフランス人はあんまりいませんよね。
そんなことはどうだっていいじゃん、おいしければ、ということなんだと思う。
おっと、せっかくの伊勢丹サロン・デュ・ショコラの盛り上がりに、水をさしているかしら??

ところで、このときの写真は、じつはこの「家庭画報」のショコラ特集の撮影の一こまだったのよ。
麻衣子が画報に登場か?!というところでしたが、残念ながら夢に終わりました。
[PR]
by societebonne | 2010-01-20 03:22 | パリのおみやげ
<< エセ・エッフェル塔/加藤@東京 サロン・デュ・ショコラ 201... >>