<< パリの国際農業見本市/加藤@東京 サロン・デュ・ショコラ 201... >>

近所のパン屋のガレット・デ・ロワ/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

先日予告した1月29日(金)の大ガレット・デ・ロワ大会は、大人と子供合わせて約60人もが美奈の友人宅に集まり、それはそれは盛大でした。
これで今年のガレット・デ・ロワ も食べ収めかな、と思っていたのですが、やっぱりまだまだ食べたい!
e0174436_1656960.jpg

で、30日の昨日 ↑ のガレット・デ・ロワを購入。
近所のパン屋のものです。

Saoriさんからいただいたコメントの、「近所でおいしいガレット・デ・ロワが買えるなんて……」というご感想に、
確かにそうだよなーと、あらためて納得。
ラッキーなことです。

フランスの人々は(日本もそうだけれど)、自分の住む界隈に愛着を持っていて
パン屋はここ、チーズ屋はここ、と、自信をもっておすすめする自分アドレスというのがあるよね。
そういう人々に支えられて、近所のパン屋も、驚きのクオリティーを提供しているのかもしれません。

ちなみにフェーヴは、マリア様っぽいブルーの陶器でした。
これも基本に返る感じで、好印象でした。
(ほんとは、今年はシトロエン2CVシリーズのフェーヴだったのだけど、さすがに1月も末で
ストックがなくなってしまった様子。
でもシトロエンはすでに2個ゲットしているので、違うものが出てきてうれしかったですよ)

レガル編集部のガレット・デ・ロワ会の写真もあるのだけど、
いまさらアップもできない感じ。 日本で読んだら、時期外れもはなはだしいですね。
日本はバレンタイン商戦が始まっているかな?
かとうの 一粒446円のお味 レポート、楽しみにしています。
[PR]
by societebonne | 2010-01-31 17:43 | フランスの食&お惣菜
<< パリの国際農業見本市/加藤@東京 サロン・デュ・ショコラ 201... >>