<< レガル連載、今回は「日本の学校... 近所のパン屋のガレット・デ・ロ... >>

パリの国際農業見本市/加藤@東京

パリで行われるイベントで、
私のなかで間違いなくトップ3に入るイベントの紹介です。

e0174436_10445843.jpg

国際農業見本市!Salon International de l'Agriculture
もちろん、フランス人も大好きなイベントで、
毎年、この手のサロン(有名なところでは、サロン・デュ・ショコラ)の集客力トップクラスで、
会期中70万人近い人が訪れるようです。
大統領が訪れる映像も、よくテレビで流れてますね。

見本市という名前ですが、一般的に想像する日本の見本市と違って、
一般の人もその場でガンガン試食ができ、
バンバン、フランス中(&世界各地の)の農産物が買えるのがすごい。

何より、実際の作り手にも会えて、楽しい。

デパートの物産展が、全国&世界版になり、
東京ドーム以上に巨大なスペースで行われるといえば分かっていただけるでしょうか? 

フーデックスと同じなんだけど、試食の量は違うし、買って帰れるものの量も違う。
(プロ相手の場所もありますが、それ以外を見るだけでも1日では足りない感じ)

食べることが大好きで、土地のものを知りたいという人には
かな~り楽しいイベントです。

e0174436_1045367.jpg


e0174436_10455612.jpg

牛やら、豚やら、羊やらの品評会も同時に行われ、
その会場は、完全に牧舎状態。
スケールがとにかく、大きくてびっくりします。

今年2010年の開催は、2月27日~3月7日。
9:00~19:00(3/5は23:00まで)

場所は、パリ15区のはずれ、
Place de la Porte de Versailles
metro駅を出れば、みんなが歩いているので、場所はすぐ分かります。
入場料は大人12ユーロ。

いろいろな写真が見たいなら→ 

あ~、行きたくなってきたぞ。
[PR]
by societebonne | 2010-02-02 11:23
<< レガル連載、今回は「日本の学校... 近所のパン屋のガレット・デ・ロ... >>