<< ベトラーヴの食べ方、マルティー... おいしいパン! ポワラーヌ &... >>

ベトラーヴ/加藤@東京

e0174436_11191391.jpg


パリの、すみの様

東京は、お天気はとてもいいですが、冷え込んでます。
”冬”って感じです。

***
で、まったく関係ない写真ですが、
以前の写真をつらつら眺めていたら、
パリの惣菜屋さんで買った、ベトラーブのサラダの写真が出てきました。

ベトラーブ、betteraveは、
辞書には甜菜、テンサイと書かれてますが、
ビーツと呼んだほうが、なじみがあるかもしれません。
ロシア料理の、ボルシチに使われる野菜です。

フランスでも、サラダに混ざっていたり、
クリュディテと呼ばれる生野菜の前菜の皿に入っていたり、
ちょくちょく、食べる野菜です。

マルシェでは、丸ごと、くたくたになるまでゆでられたものがよく売られていました。
生からゆでると、結構時間がかかるので、
あらかじめゆでられたものが多く出回っているのだと思います。

くたくたにゆでられているので、食感はゆですぎた大根みたいな感じ。
味も、甘い大根が近いかな?

私は、ただ、塩と、ビネガーをかけて、酸っぱくして食べるのが好きでした。
一度、ビストロの前菜でクミンがふられていたものを食べたことがあり、
そうやって食べるのも、気に入ってました。

ちなみに、生でも食べられるようですね?
すみのは、どうやって食べることが多いかしら?
[PR]
by societebonne | 2010-02-07 11:52 | フランスの食&お惣菜
<< ベトラーヴの食べ方、マルティー... おいしいパン! ポワラーヌ &... >>