<< 藤田嗣治の手仕事/加藤@東京 旧フランス大使館/加藤@東京 >>

台北でみつけたフランス②/加藤@東京

パリの、すみの様

まだまだ本調子ではなさそうですね。
無理せず、ゆっくり休んでください。

***
フランス in 台湾、ひっぱる必要はないのですが、
台北の本屋さんで、気になる本を見かけたので。

まずは、これ ↓ 。
e0174436_13134887.jpg


Cyril Lignac の同名の本やテレビ番組がフランスにあるので
フランスの料理本の翻訳かな?と思って、手に取ったのですが、
よくよく見ると、まったく違う本のようです。

タイトル下には、
是的,主廚-巴黎藍帶灰姑娘廚藝學習日記

となっています。

漢字から想像するに、
パリ・コルドンブルー 灰かぶり姫(シンデレラ) 料理学習日記 となるのではないでしょうか?

日本でも、パリのコルドンブルーで勉強されていたという料理家にはよく出会うので、
台湾人の女の子による、留学記なのかな?と想像しています。

コルドン・ブルーって直訳すると、青いリボン。 
なので、”藍帶”は、コルドン・ブルーの予想を立てて検索してみました。
(漢字文化って、すごいなあ=)


そして、こちら ↓ 。
e0174436_13141720.jpg


フランス好きの、食べることが好きな人の間では、
割と知られているブログ chocolate and zucchini

パリ在住のフランス人の女の子が、
英語でレシピをはじめとする食べることについて綴っています。
(現在はフランス語バージョンもあり)

英語圏で人気が出て、本が出版されましたし、雑誌にもときどき登場します。
日本のエル・ア・ターブルにも出ていたことがありました。
ブログから生まれた料理家&料理エッセイストですね。。

そのClotilde Dusoulier さんの本を台湾の本屋でみつけました。
翻訳本だと思います。
日本では、翻訳本は出ていないようですが、台湾にはあるんですね~。

両方とも、目立つところにあったので、
台湾でも、フランスって人気があるのだろうなあと、思った次第です。
(もちろん、日本の翻訳本の量たるや、もっともっとすごいですが)


Clotilde Dusoulier さんで検索していたら、
彼女のレシピが日本で紹介されているこんなHPもありました。
かわいいし、日本でも人気が出そうですけど、どんなもんなんでしょう?
[PR]
by societebonne | 2010-02-25 13:54 | 本・ホームページ・音楽・映像
<< 藤田嗣治の手仕事/加藤@東京 旧フランス大使館/加藤@東京 >>