<< パリマンガ見本市/角野恵子@パリ 台北でみつけたフランス②/加藤@東京 >>

藤田嗣治の手仕事/加藤@東京

パリの、すみの様

まだまだ本調子ではなさそうですねえ=。
仕事も忙しいようだから、
無理せず、がんばってください。

*****
というわけで、パリ情報を期待されているみなさまには申し訳ありませんが、
東京・赤羽からお届けです。

昨年、読んだ本でいちばん好きだった本 ↓ です。
e0174436_101378.jpg

藤田嗣治 手しごとの家   林 洋子著

以前、パリ郊外にある、藤田嗣治のアトリエについて書いたことがありました →
(この記事を読んで、実際に行ってくれた人がいるかなあ?)

藤田の家のインテリアのキュートさについて書きましたが、
この本は、まさに、そこに着目した一冊。
作品としての絵やアートではなく、
自分と奥さんの暮らしを彩るため、
自分たちが楽しむためだけに作られたものが
本当に、かわいいのです。


芸術新潮や、ミセスなどでは、
その手仕事について、パラパラと語られてましたが、
この一冊にまとめられているので、興味深く読みました。

アーティストとしての彼の歴史ではなく、
暮らしの歴史が分かり、巨匠がぐっと身近に感じられます。
おすすめです!
[PR]
by societebonne | 2010-02-27 10:25 | 本・ホームページ・音楽・映像
<< パリマンガ見本市/角野恵子@パリ 台北でみつけたフランス②/加藤@東京 >>