<< まっくろシェーヴルチーズ/角野... フランスに春が来ました。/角野... >>

カチカチシェーブル/加藤@東京

パリの、すみの様

スウィーツの記事が続いちゃいましたが、
本当は、甘いものより、酒に合うものが好きな私なので、
今回は、チーズのお話。

***
かなり以前のすみのの、記事 →
シェーブルチーズが、熟成によって、
どんどん姿を変える様子がよく分かります。

チーズの冊子を作る仕事をときどきお手伝いするようになって、
パリ時代は、まったく興味のなかったシェーブルのチーズに、
ここへきて、俄然、 興味津津。

e0174436_19264518.jpg


それも、熟成のいったタイプ。
シェーブルは、山羊のミルクで作るチーズですが、
本当に、奥が深い……。

パリ時代に、ほとんど興味を示さなかった自分が本当に悔しいです。

熟成がすすみ、水分がなくなって、カチカチになったシェーブルは、
フレッシュのものとは、まったくの別もの。

”栗のように、ほっくり”と、表現されるように、、
ほくほく感があり、うまみも高くなり、ミルクの甘みが凝縮して、ダイレクトに感じられます。

e0174436_19271227.jpg

シェーブルの、山羊くささが苦手な人は、
フレッシュよりも、熟成のいったカチカチタイプのほうが、案外食べられるとと思います。

見た目が、どんどん、汚くなって、
しわしわ、カチカチなだけに、人気があまりないのか、
日本では、あんまりお目にかかれないのが、残念。

もっとカチカチ、シェーブルが日本で食べられるようになってほしい!

写真は2つとも東京で買ったもの。
どっちも、ほくほくで、ミルクの甘みを感じる好みのタイプ。
もっと、さらに熟成のいったタイプも、食べたいけど、
日本ではこれくらいが限度のようです。
”石っころ”のような、シェーブル、食べたいなあ~。
[PR]
by societebonne | 2010-03-23 19:28 | 日本で楽しむフランス
<< まっくろシェーヴルチーズ/角野... フランスに春が来ました。/角野... >>