<< ベルナール・ビュフェ展/加藤@東京 重信初江 in 夏椿/加藤@東京 >>

プラザ・アテネのタルト・オ・シトロン/角野恵子@パリ

e0174436_1725874.jpg

東京のかとう殿、

桜満開の先週末かと思いきや、寒の戻りに見舞われたという東京。
パリもなんとなくそんな感じなのですが、
先週の火曜日は、春そのもののうららかさ。
コートを脱いでパリに出かけた私です。(おかげで風邪引いたバカです)

行き先は、かの有名なパレスホテル<プラザ・アテネ>のティースペース、ギャラリー・デ・ゴブラン
ラグジュアリーな空間にふさわしく、パティスリーがワゴンでテーブルまで運ばれます。
そこで私が選んだのは、もちろん!タルト・オ・シトロン!

以前、かとうがレポートしてくれた、ジャック・ジュナンのタルト・オ・シトロンの話題が
大変盛り上がり、以来ずっとずーっと
「おいしいタルト・オ・シトロンが食べたいよー」と願っていました。

プラザ・アテネのタルト・オ・シトロンは、長細い長方形に焼いたものを、一人分にカットして
サーブされます。
面白かったのは、メレンゲの上に花びらのように散らした、グリーンと黄色のレモンピール。
これが、いい感じの「にがみ」を加えていました。
酸味はほどほどに、その代わり、にがみでインパクト!というのは、個性的。
そうそう、フランスのタルト・オ・シトロンは、
パン屋やパティスリーで買う「お持ち帰り」タイプの場合は、メレンゲなし、
カフェやレストランなど「その場で食べる」タイプの場合は、メレンゲあり、
だと思います。

ところで、プラザ・アテネには、パティスリーの世界チャンピオンが2人もいるのだそうですね。
先日、パティスリーの総リニューアルをしたそうで、
そのテーマはずばり、「グラン・クラシック」!!
タルト・オ・シトロンはもちろん、ババオラムやモンブランといった、いわゆる定番パティスリーが、
プラザ・アテネならではの装いで登場していました。

やっぱり、クラシックパティスリーのリバイバルが、熱いです!
[PR]
by societebonne | 2010-03-29 17:38 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< ベルナール・ビュフェ展/加藤@東京 重信初江 in 夏椿/加藤@東京 >>