<< パッションのカスレ/加藤@東京 箱ワイン/加藤@東京 >>

セシー村の春/角野恵子@パリ

e0174436_18402067.jpg

東京のかとう殿、

田舎の家から戻りました!
その間、火山の影響で、リーは日本で足止めをくっていたのですね……

私のほうは好天に恵まれ、平和な田舎ライフを過ごすことができました。
珍しく教会の扉が開放されていて、中に入ることもできました。これがかなり、かわいらしいのです。

e0174436_1842203.jpg

セシー村の春は、パリよりも遅れてやってきます。
今まさに冬から抜け出した!といった勢いで、森も庭も、真っ白な花をつけた木々で覆われていました。
原っぱは、タンポポと黄色いリンドウ(?)がびっしり。
私たちの田舎の家の庭も、同様です。

バドミントンをして、サイクリングや散歩、裏山の探検もして、
そしてお約束の庭先ランチも楽しみました。
クロロフィルをいっぱい吸い込んで、頭の芯までぼんやり、しばらくはボケ状態で過ごさせていただきます。

***

ところで、昨日のかとうの日記の箱入りワイン、
これと同じスタイルのオリーブオイルを愛用している、とコメントしたところ、反響があり
うれしくなりました。
3リットル入りで、BIOCOOP(ビオコープ)というオーガニックのチェーンスーパーで購入できます。
イタリア産だったとおもう。エキストラヴァージンで、クオリティーも申し分なしです。
最後まで新鮮パッケージ、というのも嬉しい。
大瓶を買うとき、躊躇の種になるのは、使いながら品質が落ちてくるという心配だものね。

BIOCOOPには箱入りワインもあって、私の実感ではボルドーとロワールが多いです。
包装の無駄を考えれば、箱入りはやっぱり賢い選択。
最近一般的になってきたこの箱入りワインの、箱をセットするおしゃれなデザインスタンドも
雑誌Regalで取り上げれられていましたよ。

***

PSが長くなって申し訳ないが、こんばんはホテル・ドゥ・クリヨンのレストランの、
ニューオープンレセプションへ行きました。
レポートはまた、おって!!(バカンスボケで、出かけるのに非常に努力がいった)
[PR]
by societebonne | 2010-04-22 05:57 | フランスの地方へ
<< パッションのカスレ/加藤@東京 箱ワイン/加藤@東京 >>