<< L'etoile d&... パッションのカスレ/加藤@東京 >>

ホテル・ドゥ・クリヨン、メインダイニングが再オープン/角野恵子@パリ

e0174436_1948085.jpg

東京のかとう殿、

先日のブログの最後にPSで触れたとおり、
4月21日(水)はホテル・ドゥ・クリヨンメインダイニングの、リニューアルオープン記念パーティへ行きました。
例によって、新しいカメラになじめず、赤くなったり、青みがかったりの写真ですが、
上の写真中央が新しく抜擢されたシェフ、クリストファー・アッシュさんです。
若干29歳!
e0174436_2031145.jpg

ホテル・ドゥ・クリヨンは、昭和天皇もご宿泊された格式高いホテルです。
なにせ、もともとはルーブル宮の一部だったというだけあり、正真正銘、本物のパレス!
マリー・アントワネットがピアノのレッスンを受けたという、その名も『マリー・アントワネットの間』
に通してもらったときには、ここはホテルではなくミュージアムだと実感したものです。
レストランも、ベルサイユ宮殿の『鏡の間』さながらの内装ですよね。
e0174436_202563.jpg

新しく若いシェフを迎え、テーブルアレンジも若く、軽く。
カーテンと、シャンデリアのかさも、シック&モダンを意識しています。
(以前は、シャンデリアの照明一つ一つにかさはかけてなく、半端でないまばゆさだったとか)
窓の向こうに、コンコルド広場を眺めつつ……なんてゴージャス!
e0174436_2027162.jpg

スーシェフは、アメリカ人女性です。彼女も若いですよね。
新ホール責任者も31歳とやはり若く、これからもクリヨンはトップを走りますよ!という意気込みを感じました。
e0174436_32529.jpg


クリヨンのレストランは、クリスチャン・コンスタン、ドミニック・ブシェ、ジャン=フランソワ・ピエージュなど、
そうそうたるシェフたちがその厨房を守ってきたので、今回のリニューアルにも注目が集まります。

で、昨日かとうが書いていたカスレ、これをクリスチャン・コンスタンのレ・ココットで食べると、めちゃめちゃおいしいのだけど豆効果でおならが……と、
ジャン=フランソワ・ピエージュさんが言っていました、なんて書いてしまってよかったかな?

Hôtel de Crillon
10, place de la Concorde
75008 Paris | France
Tel: +33 (0) 1 44 71 15 00
Fax: +33 (0) 1 44 71 15 02

[PR]
by societebonne | 2010-04-24 03:10 | パリの最新情報
<< L'etoile d&... パッションのカスレ/加藤@東京 >>