<< le petit verdot... リヨン、ノートルダム・ド・フル... >>

サンドランスに、京の味と技/角野恵子@パリ

e0174436_3281776.jpg

東京のかとう殿、

南仏出張明けすぐの先週火曜日は、二つ星サンドランスのイベントに出席しました。

なんと、京都は美山荘の料理長・中東久人氏をまねき、
サンドランスのエグゼクティブシェフ・ジェロームさんとのコラボレーションメニューが展開されたのです。
以前レッシュのプレスランチでご一緒した、Urllichさんを誘って主席。
彼のブログに、この日の様子が詳しく紹介されています。

写真はメインの、オマール+とんぶり。
パーフェクトに火入れされたオマールは、じゅんわりと口いっぱいに甘ーく広がりました。
添えられた野菜がまた、たまりません。(日本の繊細を感じました)
ただ、サンドランスシェフは、
「今日1つだけ残念に思っていることがある」と。
それは、とんぶりを「畑のキャヴィア」という名前でメニューに記載したこと。
キャヴィア=海の香りを期待し、「あれ?」と思ってしまったグルメたちが多かったのです。
中東料理長は、「とんぶりはとんぶりでいいと思いますがねえ」とおっしゃっていました。
私もそう思います。

この「日本×フランス」の特別メニューは、
5月25、26、27日の3日間、レストラン・サンドランスのディナータイムに登場しました。

そうそう!日本酒もありました!!
Kozaemon、以前の利き酒会 に劣らぬ、飲み口のよさでしたー!ほんと、繊細かつエレガント。

これからますます、日本食材に注目が集まる予感です。

Senderens
9 Place de la Madeleine
75008 Paris
01 42 65 22 90

[PR]
by societebonne | 2010-05-29 01:54 | フランスのレストラン・カフェ
<< le petit verdot... リヨン、ノートルダム・ド・フル... >>