<< グリンピースでアペリチフ/角野... びっくりイル・フロッタント/角... >>

プーチン首相、杏仁豆腐、ペルシュ地方のワインバー/角野恵子@パリ

e0174436_2394496.jpg

東京のかとう殿、

週末はペルシュ地方にインテリア取材に行っていました、とこの間書きました。
目的地まで約200キロの運転を、人気カメラマンのパンダさんご本人にお願いしてしまったのですが、 その道中
「おれ昨日、プーチン見たんですよ!」
と。

場所は、オバマ大統領も奥様とプライベートディナーをしたラ・フォンテーヌ・ドゥ・マルス(だったよね、パンダさん??)
パンダさんは近くの店で取材の打ち上げをし、さあ帰ろう、というところだったとか。
そしたら通り全体が通行止めのものものしさで、「これは間違いなく要人がいるはず」という雰囲気、
しばらく待っていたらプーチンさんと、フランスの首相フランソワ・フィヨンさんが
一緒に店から出てきたそうです。

で、なぜこの店なんだろうね?
ものすごく普通のビストロ、でも、オバマさんがフランスに来たときにここで食事をし、
「普通の人と同じように自分の財布で支払いをして出て行った」というヒューマンな(?)エピソードが色濃い。
プーチンさんも、リベラルなイメージを狙ったのかしら?というか、フィヨンさん側の配慮??

***

写真は、そんな雑談で始まったペルシュ地方のインテリア取材が無事終わり、
昼食(15時でしたが)をしたときのものです。
コーヒーにアマレッティがついてきました。マカロンの原型といわれる、イタリアのお菓子ですね。

これを見たパンダさんが、
「アマレットリキュールって、アーモンドがベースじゃないんだよね。
以前取材で杏仁豆腐を食べたときに、アーモンドが原料じゃないって聞いて以来(云々)」

と。
え?アマレットはフランスのオージャと同じで、アーモンドベースなんじゃないの?
だからこそ「アーモンド」→「アマレット」という名前なのでは??
そして杏仁豆腐は、牛乳とアーモンドエッセンスで習いましたよ。(中学の家庭科調理実習の記憶)

パンダさんはさっそくIPhonで検索し、答えを出してくれました。
杏仁豆腐は、杏の種の絞り汁が原料(だから「杏仁」なんだー!と大盛り上がり)、
アマレットもそうでした!!! やられたー。
もしかすると家庭科の調理実習でも、「本来は杏の種の絞り汁ですが」とを聞いていたかもしれない……

そんな話をしていたこのワインバーは、1泊2日したペルシュで唯一おいしいものの食べられる店でした。
でも、パリの食のセレクトショップと同じような品揃え。(なんていったら怒られそう)
せっかく遠出をして来るのだから、特産品のブダンや、シードル、カルバドスなど、
この土地のうまいものを食べたいものです。
そんな店が是非1軒必要!!!
そうしたらそのときこそ、日本の皆様にも観光地としておすすめできます。
シャンブル・ドットはそれこそレベルが高く、なだけによけい残念です。
ひとまずは、このワインバーのアドレスをご参考までに。夜は8時までです!!

La Vie En Rouge
31 rue Ste Croix
61400 Mortagne Au Perche

[PR]
by societebonne | 2010-06-15 14:42 | フランスの地方へ
<< グリンピースでアペリチフ/角野... びっくりイル・フロッタント/角... >>