<< お酢でスキンケア/角野恵子@パリ 第14回全仏ビオワインコンクー... >>

『獺祭』でスシ・パーティ/角野恵子@パリ

e0174436_1424694.jpg

東京のかとう殿、

夕べは美奈(我が家の次女)の親友ファミリーを招待して、
我が家でスシパーティをしました。
かとうがパリ時代に教えてくれて以来お気に入りの、SUSHI GOURMETに前もって注文しておいて、
フィリップが仕事帰りにピックアップするという、いつものパターンです。

この日のために買っておいた『獺祭』は、なんとデザートの後にいただくことになってしまい不本意だったのですが、
友人のママ友達は「生まれて初めて、SAKEを味わっているところ」と真剣な面持ち。

以前お伝えした、パリで利き酒会のときにも書きましたが、
「SAKE=中国レストランで最後に出される強いアルコール」と思っているフランス人の、なんと多いことか。
でもこうやって、おいしい日本酒を飲ませれば、
ちゃんと違いをわかってくれるのがフランス人の楽しいところです。
e0174436_1445088.jpg

ちなみにこの『獺祭』は、EU向けに特別に開発されたもので、
アルコール度数が14パーセントと、やや低めになっています。
「ワイン感覚で飲んでもらうために」とききました。

別の日のスシパーティではカワセミというお酒を振舞い、同様に好評でしたよ。
日本ではカワセミの旅という名で、なんとパリのサロン・デュ・ショコラへの出展もあったのですね。

日本酒のパリ進出、最近とても活発な気がします。
大きなムーブメントとなるには、もう少し時間がかかるかもしれないけれど、
実際に味がおいしいので、必ずフランスの人々に受け入れられると思っていますよ。
[PR]
by societebonne | 2010-06-23 14:38 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< お酢でスキンケア/角野恵子@パリ 第14回全仏ビオワインコンクー... >>