<< パリのビオなスキンケア、いろい... お酢でスキンケア/角野恵子@パリ >>

ミント水/加藤@東京 kawaii

ソシエテ・ボンヌにしては、珍しく美容系ネタが出ました。

美容系ではありませんが、カトウからも、薬局で買える、
パリのおみやげに、おすすめのもの。

e0174436_724759.jpg


タイトルには、ミント水と書きましたが、
ミントのアルコールです。
ALCOOL DE MENTHE DE RICQLES

フランス版wikipediaによると、1838年から作られているものです。

80%もの、アルコール度なので、
そのまま飲むものではなく、少量をちょっとシャキッとしたいときに使うもの。

使い方としては、
角砂糖に、水に、ハーブティーに、ガーゼに 数敵落としてと書いてあります。
元気になるため、リフレッシュするために使います。
乗り物酔いにもいいようです。

私は、二日酔いのなんだか、ぼんやりした朝、氷水に数滴入れて飲むと、
シャキッとするので、たまに、使っています。
ミントのいい香りです!

が、ほとんどは、このパッケージを眺めるために置いています。
昔からのものだけあって、ブロカントで古いびんが売られていることもありますね。
このまま置いておけば、ラベルが黄色くなってアンティーク風になるかしら?

30mlで4ユーロくらい。
私はシャルル・ド・ゴール空港の薬局で買いました。

片手に乗るようなミニサイズなので、おみやげが足りない!なんてときに、いかが?
[PR]
by societebonne | 2010-06-25 07:40 | パリのおみやげ
<< パリのビオなスキンケア、いろい... お酢でスキンケア/角野恵子@パリ >>