<< ジャパンエキスポ 再び…… /... Japan Expo 2010... >>

アルページュが選んだしょうゆ/加藤@東京

パリの、すみの様

ジャパン・エキスポ、なんとも複雑な気分になるイベントですね~~
フランス人に、これが、日本のすべてと思われていないことを願うばかりです。

***
さて、フランスに入り込みつつある、日本文化は、AKIBA文化だけではありません。
日本料理も、そのひとつと思います。
和食屋さんがいっぱいあるのは、もちろん、
トップクラスのフレンチレストランでも、和食材が使われています。

私が、パリにいたころ、すみのと、
『パリの星つきレストランで使われる日本食材』的な企画を
ページにしたらおもしろいと話し合ったこともありました。

そして、このしょうゆ ↓ へと、つながります。
小豆島に行ったときにみつけました。

e0174436_1913131.jpg


国産大豆&小麦を使った「国産有機しょうゆ」(丸島醤油)。

この記事★にも書いてありますが、
すみのが好きな三つ星レストランのひとつ『L'Arpège』(アルぺージュ)に納品しているのだとか。
いろいろ食べ比べたうえでの、セレクトだったようです。
(おみやげ屋さんで、朝日新聞の記事のコピーとともに、置かれていました。
 それを見て、迷わず、ゲットした、ミーハーな私……)

早速、使ってみました~。
色は濃い目。こく(&少し甘み?)のあるタイプ。
香りは主張しすぎることないけど、しょうゆらしい香りは十分。
骨太な感じなのに、
刺身のおいしさを引き立ててくれるような、縁の下の力持ち的力もありでした!
日本人にもおいしい、しょうゆです。

ここのところ、気にいって使っている、
埼玉のヤマキ醸造「御用蔵」のほうが、香りが華やかで、さらりとした感じ。
丸島醤油の「国産有機しょうゆ」は、それよりは、しっかりしたタイプという気がします。

私は、アルページュには行ったことがないので、
このしょうゆで三つ星気分を、味わうことにします!

追伸:2008年11月と、ちょっと情報が古いので、
今現在もアルぺージュで、このしょうゆが使われているかはさだかではありません。

追伸2:すみのが、アルページュで食べたミルフィーユは、こちら →

↓ こちらで買えるようです。150mlで504円。日々には使えない値段ですね。


↓ こちらは、華やかな香りでさらりとした感じが気にいっている、有機しょうゆ さらに、高いな。
150mlで585円!

[PR]
by societebonne | 2010-07-05 21:37 | フランス気分?の、日本食材
<< ジャパンエキスポ 再び…… /... Japan Expo 2010... >>