<< ソシエテ・ボンヌのひさびさの仕... フォションのノエル2010/角... >>

2010年フランス文化財の日、リュクサンブール宮/角野恵子@パリ sanpo

e0174436_17101939.jpg

東京のかとう殿、

先週の週末、9月18、19日(土・日)は、「文化財の日」でした。
フランス全土の国立美術館や歴史的建造物が、一般公開される日です。
私もこの時決意したとおり、リュクサンブール宮へ足を運びました。

上は「集会の間」。まばゆい、まばゆすぎます。
これぞ、宮殿です。

この広間が、元老院本会議室を出るとすぐの場所にある、というのもまた
気が効いているというか、心憎いまでに的を得ていると思いました。
その本会議場はこのとおり ↓
e0174436_17565981.jpg

オペラ座ではありませんからね。

すっごいよね。
e0174436_17594629.jpg

フランス元老院議員の皆さんは、なんともものすごい場所で働いていらっしゃるのですね。
しかも、社員食堂がとてもおいしくて安い、と聞きました。
これはいつか議員さんとお友達になって、つれてきてもらわないと。(←本気か?)

そこらじゅう金ピカ、ナポレオンの椅子など歴史的に重要なものもたくさん見ましたが、
私が一番心を打たれたのは室内庭園です。
e0174436_1864616.jpg

公園内の大きな温室とはべつに、「プチ・リュクサンプール」と呼ばれる別館にも
南国の木々が茂るこんな空間がありました。
1800年代にフランスに持ち込まれた植物たちが、こうして脈々と現代に伝えられているのですね……
マイナスイオン効果か、なんだかとーってもいい気分になりました。

そしてリュクサンブール公園といえば、私にとってはジェラール・ミュロ
e0174436_1884784.jpg

ご近所ですからね。
せっかくなので子供たちにお土産を。

ショコラオレのタルト、フランボワーズのタルト、そして!タルト・オ・シトロン!!
e0174436_18102859.jpg

一時期必死になっておいしいタルト・オ・シトロンを求めたことがありましたよね。
この日、お店では上にメレンゲののっかっているタイプを注文したつもりでしたが、
なぜかメレンゲなしが入っており……

ちゃんと酸味がきいていておいしかったです。
でもメレンゲのほうが絶対よかったと思う。↑ のは表面がゼラチン状で、そこだけ残念だったので。

結局、花より団子の文化財の日、かな。

Gérard Mulot
76, rue de Seine / 2, rue de lobineau
75006 Paris
tel. 01 43 26 85 77

[PR]
by societebonne | 2010-09-22 00:45 | パリの最新情報
<< ソシエテ・ボンヌのひさびさの仕... フォションのノエル2010/角... >>