<< クロワッサン別冊ビオ 11号発... うれしいような、悲しいような/... >>

シャトゥーの骨董市 ②-潜入編-/角野恵子@パリ

e0174436_216994.jpg

東京のかとう殿、

日本は3連休に突入ですね。
パリは小春日和の晴天が続いています。

さて、シャトゥーの骨董市①-会場へGO!編-の続き。
入場口でチケットを購入し、中に入るやいなやこのとおり ↑ 、盛りだくさんのスタンドがずらり!
期待せずに来たものの、一気にテンションが上がります。

そして、入り口正面にはなぜかBarが。
e0174436_2184944.jpg

いきなり一休み?

いえいえ、気持ちは「見たい!知りたい!!」欲求でいっぱい!
スタンドが長屋のように続くので、自分なりの「順路」を決めてスタートしましょうっと……
e0174436_211148100.jpg

家具の店、本屋、木の道具を売る店……
目移りしますが、私の目的は「鏡」と「机」。
ほかのものに集中してしまい、肝心なときに疲れ果てていました、なんてことのないようにせねば。

通路にはちゃんと名前がついていて、「街」と同じ仕組みになっていました。
こういうオーガニゼーション力はフランス、って気がします。(どこが!という意見も多そうだが)

ところで、アンティークといえば、やっぱり銀器よねえ……(うっとり……)
e0174436_21141875.jpg

眺めているだけで、初めてパリの蚤の市を歩いたときの感動がよみがえります……

アンティークのシルバー……
いつかこれをそろえて、実際に使うんだと本気で夢見ていたときがあったよ……

なーんて具合に、やっぱり横道にそれる私なのでしたー。

つづきまーす!
[PR]
by societebonne | 2010-10-09 03:45 | インテリア・暮らし
<< クロワッサン別冊ビオ 11号発... うれしいような、悲しいような/... >>