<< フランソワ・ポンポン/加藤@東京 シャトゥーの骨董市 ⑤-おすす... >>

シャトゥーの骨董市 ⑥-最終回-/角野恵子@パリ

e0174436_22533881.jpg

東京のかとう殿、

数回に分けてご紹介したシャトゥーの骨董市の様子、
今回が最終回です。

うえ ↑ のスタンドは木のおもちゃ専門のようですね。
前回ご紹介したブランディーヌさんのスタンドの向かいにありました。
左下の「かなだらい」(?)が気になる。銅ですね。

で……「鏡」と「机」を探した私ですが、結局何も買わずじまい。
運気をあげるためにも、ちゃんといい買い物をするべきだと、今になって後悔していますが……
(380ユーロのいい机があったんですよっっ、なのに!!!!!)

出口にはこんな列車が待っていました。
e0174436_22555730.jpg

この白い列車(車なんですけど)で、駅まで移動できるようです。
徒歩だと15分、白列車だと5分くらいかな?

余談ですが、この白列車、クリスマスシーズンにも町に登場します。
マルシェ・ド・ノエルと、町の住宅街をつなぐ足として。
e0174436_22582023.jpg

1回目のレポートですでにご説明したとおり、ここはセーヌ川の中洲。
こちらが ↓ ルエイユ・マルメゾン側で、    (注:ルノワールが描いた風景!!)
e0174436_2323172.jpg

こちらが ↓ シャトゥー側。
以前は私もルエイユの住人でしたねえ。   2001年夏から2006年夏までこんな家に→

それから後はずっと、シャトゥーの住人です。 
e0174436_23195194.jpg

川を越えると県が変わり、ライフスタイルもがらりと変わりました。
今はどっぷり、郊外ライフ満喫中。(というか、パリが遠く感じられる……)

次回、来年3月には骨董市の達人になって、ちゃんと戦利品とともに帰宅しますよ!!!
e0174436_2328629.jpg

シャトゥーの骨董市は、正式名称が「骨董とハム祭り」
お祭りなんだから、次回は仲間とワイワイ繰り出したいわっ!!
(そーすれば盛り上がって買い物もできそう)

橋を渡って、さあ、おうちに帰りましょう。
e0174436_23251814.jpg

セーヌ川……
名物の貨物船が見えます。 印象派を魅了した風景ですね。

シャトゥーの骨董市レポート、①から⑤まで以下に。
①-会場へGO!編-
②-潜入編-
③-ディテール編-
④-その歴史編-
⑤-おすすめのスタンド編-

公式HPはこちらです →
[PR]
by societebonne | 2010-10-24 02:15 | インテリア・暮らし
<< フランソワ・ポンポン/加藤@東京 シャトゥーの骨董市 ⑤-おすす... >>