<< サロン・デュ・ショコラ パリ ... パスカル・ル=ガック パリ郊外... >>

サロン・デュ・ショコラ パリ 2010 ①/角野恵子@パリ

e0174436_7305375.jpg

東京のかとう殿、

先ほどサロン・デュ・ショコラのオープニングパーティから戻りました。

いろんなショコラティエの写真を撮影したなかで
私がぴかいち!とおもったのは、 

↓ フランソワ・プラリュさんと息子さんです。
e0174436_7323896.jpg

息子さんにお会いしたのは今回が初めて。
現在高校1年生、サロンのあるときなどはお手伝いをするのだそうです。
「お父さんのあとを継ぐの?」と質問すると

「それもありうるね」

とのお返事でした。
褐色の肌にブルーアイズ、めちゃめちゃハンサムだったー。

……もとい。

プラリュといえば、プラリュリーヌ
e0174436_733547.jpg

バターたっぷりのブリオッシュに、プラリネ(アーモンドの砂糖がけ。リヨンの郷土菓子)
を練りこんだ、プラリュのオリジナルのパティスリーです。
(注:フランソワさんの父、メゾン・プラリュの創業者が開発)

このプラリュリーヌが、この秋から東京でも発売されているのよね。

だから気になっていることを、フランソワ・プラリュさんご本人にききましたよ。

「バターはどうしているんですか?」 
e0174436_73592.jpg

「どうしてこんなに?」と思うくらい、たっぷりと、ふんだんに、バターを使ったプラリュリーヌ
つまり、バターがおいしくなければ成り立たないお菓子です。
日本のバターじゃ作れないはず!

そしたら答えは

日本のバターを使っているよ。でもフランスの製法で作られたものだから大丈夫。

なんでも、プラリュリーヌを日本で作ろうとしたときに、
一番最初にしたことがいいバターを探すことだったそうです。
日本のプラリュリーヌも食べてみたくなりました。

おまけ。

e0174436_7572630.jpg

ジャン=ポール・エヴァンさんと、ピエール・エルメもと婦人の
フレデリックさんのツーショット。

「私、新しい人生をスタートしたから」とずいぶん積極的なフレデリックさんでした。

やー、やっぱしできる女はちがうわ。

今回は以上です!
続き、急ぎたい私よ!!(わたしもできる女になりたいよ、って??)


PS
フレデリックさんはエヴァンさんに
「仕事で」「組みましょう」というアプローチを、
色恋沙汰ふうに話していた、ということです。あしからず。

フランス人はこういう会話が好きですよね!!
[PR]
by societebonne | 2010-10-28 08:00 | パリの最新情報
<< サロン・デュ・ショコラ パリ ... パスカル・ル=ガック パリ郊外... >>