<< 向かってます/カトウ@東京 サロン・デュ・ショコラ パリ ... >>

サロン・デュ・ショコラ パリ 2010 ③/角野恵子@パリ

e0174436_21351411.jpg

大変間が開いてしまいましたが、サロン・デュ・ショコラ パリ 2010 の模様を引き続き。

↑ パティスリー&ショコラの巨匠、イヴ・チュリウスさん。

パティシエとアイスクリーム職人、2つのMOFをもつ男 として、

今年も元気にサロンに参加。
手にしているのは新作のマカロン!!!!!
e0174436_21364524.jpg

の形をしたチョコレートですって!
マカロン型の缶の中身がこのチョコレート、やっぱりマカロンの形をしています。

「これはチョコレートだよって、ちゃんと書いておいてね!」

と、たいへん闊達でした。

去年からショコラフォンデュが目立っています。
こちら ↓ 大手メーカー「マゼ」は、いろーんなフレーバーを展開中。
e0174436_2139232.jpg

バターロール状のクッキーと一緒に試食できました。

電子レンジでチンするだけで、手軽にチョコレートフォンデュを楽しめる。
クリスマスや年末年始のお集まりに、気のきいた演出ですよね。

4~6人分、
ブラック、ミルク、ブラック・ノワゼット、ブラック・オレンジ、ホワイト、
ミルク・塩バター、ブラック・クローブの全7種類。(+クリスマス特別フレーバー)
e0174436_2146956.jpg

こちら ↓ は、お一人様用ミニサイズ。

隣の板チョコと比べてください、小ささがお分かりいただけると思います。
5個入りの箱詰めは、手土産にもよさそうですねえ。
e0174436_21484384.jpg

ショコラではないのですが、
毎年楽しみにしているマカロンやさんに、今年もまた会えました!

中にクリームをはさまない、昔ながらのマカロン!!

焼きたてのマカロンは、こうしてふたつにくっつくのだそうです。
だから何かをはさんでくっつける必要はないのだとか。

ちなみに、アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツなどのフレーバーがあり、
それらは「粉」の味のみだということです。

つまり、アーモンドマカロンアーモンドパウダーで作られている、という。

これがシンプルながら飽きがこないんですよー。
e0174436_21542273.jpg

ノルマンディーの職人さんが作っています。

以前これをパリで購入できないかと探し、結局見つからなかったことがあるのですが
今回得た情報によると、パリの甘いもの屋さん15箇所に卸しているのだとか……
しならなかった……

例えばこちらがその1軒 ↓

Nicolsen Chocolatier
112, rue Mouffetard
75005 Paris
tel 01 43 36 78 04

↑ ニコルセンは以前大好きだったショコラのお店です。

……ほかにも写真はありますが、
このマカロンのことが書ければ私は満足。

ということで、今回がサロン・ド・ショコラ・パリ 2010 のご報告
最終回でございます! (たぶん)
[PR]
by societebonne | 2010-10-30 16:59
<< 向かってます/カトウ@東京 サロン・デュ・ショコラ パリ ... >>