<< エトワール・ドールで買った甘い... ポワラーヌパンのラクレット風 ... >>

デ・ガトー・エ・デュ・パンのケーキ /角野恵子@パリ

e0174436_2255515.jpg

東京のかとう殿、

昨日のお一人様ラクレットの写真があまりにもお恥ずかしいできなので、
早々に口直し写真をアップします。

懐かしい写真でしょうー。
11月7日(日)、かとうが我が家に遊びに来てくれたときの手土産!!
ご馳走様でしたー!!

ハーブのケーク同様に、デ・ガトー・エ・デュ・パンのもの。

***

デ・ガトー・エ・デュ・パン
des Gâteaux & du Pain
63 boulevard Pasteur
75015 PARIS
Tel : 01 45 38 94 16
営業時間:8時~20時 (火曜定休)


***





ふたにくっついてしまってもったいなかったが……
それでもフランスのパティスリーは宝石のように美しいよね。


マロンとりんごのグラスデザートに タルト・オ・シトロン
ドーム型のタルトタタン
モンブラン、そしてチョコレートのサントノレ

こんなに素敵なお土産をいただける私は、幸せ者ねっ!

で、私たちの永遠のテーマとなりつつあるタルト・オ・シトロン
ここのもちゃんと酸味があっておいしそうでした。
……というのも、子供たちが食べてしまい、ちょいと舐めた程度なので……

ジャック・ジュナンのタルト・オ・シトロン

ジェラール・ミュロのタルト・オ・シトロン

プラザ・アテネのタルト・オ・シトロン

もっとためましょ、私たちのコレクション。053.gif ←これ、初めて使ってみたけど気色悪いね。

PS
モンブランは、大体どこのものでも、逃げ場を求めたくなるくらい甘いもの。
ここのも甘かったけれど、最後までおいしくいただきました。
食べながら思ったのだけど、モンブランはレシピそのものが結構厳しいね。
つまり「モンブラン」=「白い山」=「中のメレンゲ」が、
外側の甘いマロンクリームとあいまって、大々的な甘さの二重奏を奏でてしまう……
メレンゲがせめてカステラだったら、そこを「避難場所」として
クリームとカステラを行き来しながら、難なくゴールに到達できると思うのです。

話がおかしくなりました。

デ・ガトー・エ・デュ・パンも伝統パティスリーがメインで、
そして現代流に程よくお上品だと思いました! ごち!!
[PR]
by societebonne | 2010-12-04 00:11 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< エトワール・ドールで買った甘い... ポワラーヌパンのラクレット風 ... >>