<< ねんざは「あら塩風呂」で手当て... 「フランスの美食文化」が、ユネ... >>

三ツ星シェフ、アラン・パッサールのレシピ本 /角野恵子@パリ

e0174436_1917319.jpg

東京のかとう殿、

美しいと思いませんか ↑ 。
赤キャベツとクレソンのムスリーヌ(のはず)……

11月16日(火)、三ツ星レストランアルページュ でサーブされた料理です。
この日は、シェフのアラン・パッサールさんのレシピ本出版を祝い、
彼のお店でお披露目会が開催されました。

e0174436_19132798.jpg


タイトルは

collages & recettes

(コラージュ&ルセット = コラージュとレシピ)
芸術的な料理で知られるパッサールさん。
やはり小さい頃から、コラージュや音楽が大好きなのだそうです。

「色」はパッサールさんにとってのインスピレーションの源泉で、
野菜の彩からレシピが浮かぶこともしばしばだそう。
今回本を出版するに当たり、彼はまずコラージュを作成し、
そのコラージュから生まれたレシピを添えて1冊にまとめたとのこと。
パッサールさんにとっての大きなパッション、「料理」と「コラージュ」で構成された1冊です。

かとうも今回のパリ旅行中、本屋でこの本を見たと言っていましたね。
「アーティスティックな本だった」と。

昨日のお披露目会では、コラージュのオリジナル ↓ も展示されていました。
e0174436_19201547.jpg

実物を見ることができたのはラッキーでした。

さて、またビュッフェに。
蒸したじゃがいもを覆う泡は、スモークしたクリーム。
私が感じたのは、スモークしたベーコンのうまみがギュギュっ
なのですが、ベーコンのダシをとっているかどうかは未確認です。
e0174436_19215789.jpg

このほかにも、看板料理といえる半熟卵や、ビーツの岩塩グリルなど、
たくさんの料理がサーブされました。

そしてもちろん、スイーツも!
e0174436_1923133.jpg

セロリのマカロン、ビーツとにんじんのジュレなど、
ここにもパッサールさんの菜園から届く食材が満開です!!

また近いうちに、アルページュで食事したいものです!!!!!!!(夢)

アラン・パッサールさんの菜園はこちら → 

アルページュのミルフィーユはこちら → 

L'Arpège
84, Rue de Varenne
75007 Paris
tel. 01 47 05 09 06
定休日:土・日曜



PS
シェフの写真をとりわすれたー! めちゃめちゃ後悔。
[PR]
by societebonne | 2010-11-17 21:34 | 本・ホームページ・音楽・映像
<< ねんざは「あら塩風呂」で手当て... 「フランスの美食文化」が、ユネ... >>