<< リヨンのおすすめパティスリー「... アラン・パッサール in フラ... >>

カルヴァドスのドメーヌ見学/加藤@東京

パリの、すみの様

フランスの今の食事情の伝わるいいイベントだね~。
写真もきれいですばらしいわ。
私もアイフォンの楽さについそちらに流れがちだけど、持っているんだから一眼レフ使わなきゃ!(笑)

***
さて、ものすごく前過ぎて、もう記憶のかなたですが、
昨年の、カルヴァドスのドメーヌ見学の話を一応、アップします。

e0174436_14501251.jpg

いろいろリンクを貼ったり、調べたりしながら書きたいと思っていたので、
時間ができたらと思っているうちに、もう何カ月もたってしまいました。

いざ書こうと思うと記憶があいまいになってきてるし、
取材じゃないからちゃんとしたメモはないし……。
全然ダメ。それなら、さっさと書けばよかった。
というわけで、説明も中途半端で残念な感じですが、よかったらお読みくださいませ。


今回のカルヴァドスのドメーヌは、全5~6軒見学しました。
シャンパーヌのときと違い、
絶対ここに行きたいというドメーヌがあったわけではないので、
前もってのアポイントは取らず、一般の人がふらっと行けるようなところに行きました。

シャンパーニュに比べて、カルヴァドスのドメーヌは全体に質素な印象。
農家の片隅で、小屋みたいなところにもお邪魔しました。
下で紹介してるところは中堅どころかな?という感じでしたが、
建物はそれなりに立派でも、メンテナンスやプレゼンテーションへのお金のかけかたがシャンパーニュとは全然違う(笑)。

印象に残っているところ、2カ所です。
まず、ピエール・ユエ

↓ 。気持ちのいい田舎で、天気がよければピクニックなんかもできそう。
案内してくれた人(何代目かの息子さん)は、
都会から来る人の憩いの場所にしたいなんてことも言ってました。
旅行から帰ってきたばかりに最初にアップした写真は、ここの写真でした!

e0174436_14504640.jpg

こちらでは、畑や工場の中まで見せてもらいました。
11月だったので、ちょうどりんごの収穫真っ盛り。
りんごが山積みでした~。

e0174436_1451974.jpg


トラクターで洗浄機に移し、
e0174436_14514739.jpg


りんごがどんどん洗われていきます。
e0174436_14512295.jpg


ワインを作るときには、
ぶどうは洗わないそうですが(だからこそ、ワインはオーガニックを選びたいって言いますよね?)、
カルヴァドス作りでは洗うんだな~なんて思いながら見てました。

e0174436_14521718.jpg

そして、りんごの果汁を絞り、発酵させてシードルにし、それをさらに蒸留。
その後、↑ のオーク樽で熟成という風に流れて、カルヴァドスはでき上がります。
(シードルにするためのステンレス樽や蒸留の機械の写真も
撮ったような気がしてましたが、見つからないので割愛です。)

そして、たっぷりの試飲も。
2~3年熟成から、30年越えのものまで!
長期熟成のものは、1本何万円にもなりあまり飲めないので、
ここぞとばかり、熟成の長いものを集中的にお願いして(笑)。
やっぱり、香りは高いし、こくはあるし。ちょびっとずつしか飲めないけど、おいしかった。

で、こちらで購入したのは、15年もの。
値段もありますが、30年も熟成されているものは強すぎるというか、
濃すぎる感じがして、りんごの香りというより、酒の香りが立ってきていて、
15年もののほうが、こくと香りのバランスがよく感じたのでした。

そして、もう一軒は、ドメーヌ・デュポン
e0174436_14532314.jpg





こちらでは、カルヴァドスももちろん買いましたが、おもしろかったのが↑ これ! 
シードル(りんごの発泡酒)です。
カルヴァドスの熟成樽に入れて、6か月熟成させたもの。
香りが高くておいしかったですよ~。
日本でも買える!と思ったけど、売り切れのようです(笑)。
機会があったら、また飲みたい! ぜひ、買えるようにしてほしいです!


←ちなみに、デュポンはこちらで。

←ピエール・ユエ はこちらで買えるようです。高いけどね……。
[PR]
by societebonne | 2011-02-25 10:42 | フランスの地方へ
<< リヨンのおすすめパティスリー「... アラン・パッサール in フラ... >>