<< ガレット・デ・ロワ2011 ③... ガレット・デ・ロワ2011 ②... >>

パリでうち朝ごはん /加藤@東京

パリの、すみの様

ガレット・デ・ロワは、引き続き食べてますか?
パリはここ数日暖かいようなので、気温だけ見ると東京のほうが寒いみたい。
毎日、毎日、寒いね~とのあいさつが定番化しています。

***
さて、前回のパリでうち夜ごはんに引き続き、
今回は、パリでうち朝ごはんの様子です。

e0174436_15123918.jpg


旅行に行ったのだから、夜ごはんまで作る気にはならないという人も、
きっといっぱいいることでしょう。
でも、朝ごはんは?

ホテルの朝ごはんは、よっぽどいいホテルでない限り、あじけないシンプルなものだし、
カフェの朝ごはんも結構高いし、バリエーションは少ないので
1~2回体験すれば、まあ、よしといったところ。

なので、アパートメントホテルに泊まって、
「うちでパリ朝ごはん」から実践するのがおすすめ。

ホテルのそばのおいしいパン屋をチェックして朝買いに行ったり、
朝市(マルシェ)や、デパート(ボンマルシェ)などの食品売り場で気になるものを買っておいたり。
朝が、楽しいですよ~~~。

そんな時には、ホテルよりもやっぱり、キッチンつきが便利です!

e0174436_15131449.jpg

こちら ↑ は、、アパートホテル シタディーヌ Citadinesの、 トゥール・エッフェル Tours Eiffelのそばにある、
モアザンで買ったパン。
このシタディーヌから、歩いて行ける範囲に、
セッコ secco 75 Boulevard de Grenelle 75015
ポワラーヌ poilane 49 bld de Grenelle 75015 ができていました。
帰国日の朝に知ったので行けなかったのですけどね。
ますます、便利なホテルです。

e0174436_15133054.jpg

そして、↑ こちらは、ホテルの目の前のマルシェで買った、
農家の自家製ヨーグルト。 
気になるものも、キッチン付きホテルだからこそ、ばんばん買って試せます。

e0174436_1512572.jpg

そして、むちゃくちゃ美味だった料理家、重信初江さんによるスープ!!!
前日の晩にもいただいたのですが、翌朝のおいしさったら……。
こんな朝ごはんを食べたら、パリの街を元気よく、がんがん歩き回れること請け合います!

このスープのベースによく似たスープの作り方は、
↓ の本にも出ています。


というわけで、シタディーヌはおすすめです!
[PR]
by societebonne | 2011-01-15 11:48 | アパートホテル・ホテル
<< ガレット・デ・ロワ2011 ③... ガレット・デ・ロワ2011 ②... >>