<< パリでうち朝ごはん /加藤@東京 2011年ガレット・デ・ロワ ... >>

ガレット・デ・ロワ2011 ② -フランス友人宅/角野恵子@パリ

e0174436_1905992.jpg

東京のかとう殿、

今年初のガレット・デ・ロワは、先週土曜日のランチの後にいただいたこちら

同日夜、なんと今度は友人宅に招かれ
大勢で王を引くことにっ!!

フランスでは、なぜか「ガレットを食べる」とか「ガレットを切り分ける」とは言わず、
On tire les rois = 王様を引く    と言います。

王様を引く、すなわち、皆でガレットを切り分けて食べる。

なぜか。

調べれば、答えが出るのでしょうか……
e0174436_1944274.jpg

ともかく。

呼んでくれたのは、アペリチフニューイヤーパーティなど
いつも声をかけてくれる、パトリシアさん。 (美奈の親友のお母さん、です)

ちなみに、パトリシアさんファミリーは、3代続くパンとパティスリーの店Karly カルリーの経営者。
だらか、ガレットはもちろん、カルリーのものです。

ここのガレット、去年も食べたけど、今年はさらにおいしくなっていた!! 
今のところ、2011年のナンバーワンです!

Karly Boieldieu
66, jardins Boieldieu
La Defense 8
営業時間 7h00 à 19h30(月~金)
     7h00 à 13h00 (土)
定休日 日曜

Karly Alsace
9, square des Corolles
La Defense 2
営業時間 7h00 à 19h00(月~金)
     7h00 à 13h00 (土)
定休日 日曜

HP→ Karly

話は変わるけど、パトリシアさんはインテリアを工夫するのが大好き。
だからクリスマスはこのとおり、毎年巨大なツリーを飾りつけます。
e0174436_19923.jpg

ついでだったので、このときに頂戴したコメントから気になっていた質問を
投げかけてみました。

「フランスでは、クリスマスツリーはいつ頃まで
飾っておいていいの?」
 と。

そしたら、そこに居合わせたフランス人女性3人が、そろって

「特に守らなければならない慣習のようなものはない。
うちなんて、1月いっぱい出しておくわよ」


などなど答えてくれましたよ。

他のヨーロッパの国よりも、フランスは伝統が甘い、とも。

しかし、私は縁起がよくないのもいやなので、今年はエピファニー後にツリーを処分!!

あ、それから、パトリシアさんちでも
美奈がフェーブをあてて、女王様になっていましたー! 2011年、ダブル女王だいっ!!
[PR]
by societebonne | 2011-01-13 00:32 | インテリア・暮らし
<< パリでうち朝ごはん /加藤@東京 2011年ガレット・デ・ロワ ... >>