<< 2011年、ホテル・ムーリスの... サロン・デュ・ショコラ 東京 ... >>

ガレット・デ・ロワ 2011⑦-ガレット袋の秘密@ルヴェジネのパン屋/角野恵子@パリ

e0174436_3202337.jpg

東京のかとう殿、

これで最後!と願いつつ…… またしてもガレット・デ・ロワの話題です。

正確な順序としては、↑ のガレットのほうがホテル・ル・ブリストル・パリのガレット・デ・ロワよりも先でしたが。

いつも私が買出しをしている町、ル・ヴェジネの、カドのパン屋で購入しました。
RER A線、Le Vésinet Centre駅を降りてすぐの場所です。
これで11ユーロくらいだったと思う。

e0174436_3275053.jpg

日本ではちゃんと箱に入れてくれるようですが、
フランスではこのような ↑ ガレット・デ・ロワ専用の紙袋に入れてくれるもの。

と、いうのも、この紙袋ごとオーブンで温めなおすことができるから!!

方法は2つあって、

1 
オーブンを最大限に温めたら火を止める。
余熱の状態でガレット・デ・ロワを袋ごとオーブンに入れ、
5分間待つ。


オーブンを低温にセットし、
ガレット・デ・ロワを袋ごとオーブンにいれ、数分熱する。


が一般的なようです。
私はもっぱら、「1」の方法。

e0174436_3281894.jpgその場にいる年少者がテーブルの下に隠れること、
1月いっぱい様々な機会に食べるのも伝統のうちであること、など、
こちらに書いたとおりで、今年もよく食べました。

今年も、ブログにアップしただけでも7つ。
実はさらに、自分でも2回作っています。

本当はまだ食べたい。
ものすごく好きです、ガレット・デ・ロワ!!!
食べるときは、かならず温めてね!!


…… なーんか、いっつもおんなじ青いギンガムチェックのテーブルクロスで(洗っています)、
しかも今回なんて、カップ&ソーサーのソーサーのほうを、皿として使っているよー。
もー、こんなパリブロガーって、ありなんでしょうか?
[PR]
by societebonne | 2011-01-29 03:59 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< 2011年、ホテル・ムーリスの... サロン・デュ・ショコラ 東京 ... >>