<< オートサヴォア地方、牛乳の常識... 「サチュルヌ」の料理とコンテチ... >>

パリで朝ごはん/カトウ@東京

パリの、すみのさま

スキー休暇は、本当にスキーをしているのかしら?
しかし、本当にフランス人は何かにつけて休んでいてうらやましいなぁ~。
私も2月が終わったら、少しゆっくりしたい……。
たっぷり眠りたい、ただそれだけ(笑)。

ところで、
眠りたいのに時間がないのと、時間はあるのに、眠れない。どっちが辛いでしょう?

実は、この間のパリ出張では、「時間はあるのに眠れない」という状況に。
時差ボケで、22時くらいにパタンと寝たものの、
24時に突然目が覚め、その後はなんと一睡もできないという羽目に陥ったのでした。
どんなに寝ようとしても、眠れない。

幸いだか、それが災いしたのか、フリーWIFIのあるホテルだったので、
ずっとアイフォンをいじって、ネットサーフィンしてました……。

そんなわけで、朝は早くから出掛けたくなるわけです。
せっかくだから、優雅な朝食でも食べたいと思い立ち、
6時くらいから朝食を食べられるところはないかと、
いろいろ調べたのですが(アイフォンって便利!!)、
ホテルはともかく、カフェでそんなに朝早くからやってるところはありません。

それで、待って、待って。
7:30にオープンの、ラデュレへ。
シャンゼリゼ店だけは、7:30オープンだったのです。

ここのシンプルなオムレツがおいしいと聞いていたので、
もちろん、注文したのはオムレツ!!!

e0174436_2353440.jpg

それが、この ↑ 一切の焼き色がついていない美しいオムレツです。
(形は日本人が想像するのより、ずっといい加減ですね)

ナイフを入れるととろ~り、中からクリーミーな半熟状の卵がとろけ出します。
ものすごーく繊細で、本当においしい!

でも、でも、じつは……。
日本人の私には、ぬるすぎました!!
つまり、熱くない、というか、温かくさえない感じ。

作られてから、しばらく置き去りにされてしまったのか、
それとも、フランスではこういうものなのか?
どちらなんでしょ?

熱々がおいしいと思っている日本人からすると、
フランスの料理は、冷めてると思うことが多いし、
(オニオングラタンスープでさえも!)、
フランス人は、熱々の料理を出ると「熱過ぎるじゃないか!」と怒る人もいるそうなので(すみの情報)、
これは、これで正しいのかもしれません。
誰か教えて!

でも、やっぱり、もうほんの少しだけ、暖かだったら、
人生ベストワンのオムレツと言えたんですけど。

ちなみに、このオムレツ。
朝は、パンが2個ついて、6ユーロちょっと。
コーヒーを頼んでも10ユーロくらいなので、
ホテルの朝食で10ユーロとか、15ユーロとかとられるくらいなら、
食べに行く価値ありです!!!

ラデュレの朝食セットはとっても高いので、
上記のように単品で注文するのがお得と思われます。
プチな、ケチケチフランス情報でした(笑)。
[PR]
by societebonne | 2011-02-18 15:52 | フランスのレストラン・カフェ
<< オートサヴォア地方、牛乳の常識... 「サチュルヌ」の料理とコンテチ... >>