<< エッグスタンドで卵を食べよう ... 思ったこともろもろ/加藤@東京 >>

田舎の春の写真です /角野恵子@パリ

e0174436_0185475.jpg

東京のかとうへ、

「私は外食するし、生鮮食品を買う!」宣言、力強いです。

そして、「元気をもらえる」エッフェル塔の写真のアップ。

じゃあ、私からは!と、フランスの田舎の写真をお送りします。
いつもの、セシー村で撮影した、去年5月の風景です。

e0174436_021777.jpgいま、パリと郊外の町は、桜のような花がついに満開を過ぎて、
そこらじゅうぽかぽかと春一色です。
マロニエの若葉も、エネルギーをいっぱいに蓄えた元気さ。
勢いよく空に向かっています。

一年で一番いい時期がやってくる!やってきた!と
本来ならわくわくしているはず。
それが、この大震災。

だけど、やっぱり春はやってきているよ。
そして夏も来るし、秋もまた、やってくる。
なんだか、何を書きたいのかわからなくなってきました。

ところで、福島原発の事故以来、
どうしたら原発に頼らない生活ができるのだろう?と、考えています。

…… まず、自分の家の使用電力を、どう抑えるか。


暖房はガスだから問題なし。
照明は、アルコールランプやオイルランプ、ソーラー仕様のランプに変更。
食洗機はもっていない。テレビも、オーディオもない。
しかし悲しいかなオール電化なので、これをガスコンロに変え、オーブンもガスに変える。
電子レンジは手放す。
でも、洗濯機と冷蔵庫はぜひ使い続けたいし、
アイロンも電気が便利だ……

と、考えると、便利なものはすべて、電気なんだよね。
「車を買うなら電気自動車」と思っていたけれど、その電気のもとは原発?
電車も、電気で動いている。(当然だけど)
麻衣子がたまーに使うドライヤーも、やっぱり電気。
そしてもちろん、PCも……

人間は強欲で、それが原発を作ってしまったのだよね。
日本経済を復興させ、でも原発に頼らずにすむ方法って、あるのだろうか。
風力、ソーラー、いろいろあるけれど、代わりを見つけさえすればいい、という問題ではないと思う。
まずはかわりを見つけることから、なのだけど……

e0174436_2312170.jpg


こんな内容ではちっとも元気が出ないね、
申し訳ない。
でも田舎の風景には、自然の生命力がみなぎっていると感じます。




[PR]
by societebonne | 2011-03-20 01:13 | 近況&その他
<< エッグスタンドで卵を食べよう ... 思ったこともろもろ/加藤@東京 >>