<< 桜が咲くのを楽しみに……/加藤@東京 エッグスタンドで卵を食べよう ... >>

「フランスからフロマージュ便り」国際農業見本市リポートです/角野恵子@パリ

e0174436_22554179.jpg

東京のかとうへ、

唐突ですが、「フランスからフロマージュ便り」が更新されたので、
お知らせさせていただくね。 →
先月開催された、国際農業見本市をリポートしています。

アラン・パッサールさんのアトリエも、このときに開催されたのでした。

↑ の写真は、サヴォア地方のスタンドでの一枚。
「酪農国フランス」のムードが、伝わるのでは。(こんなに小さい赤ちゃんも、農業見本市を見学)

***

一口メモ、ですが、
以前サヴォア地方でコンテチーズ取材をしたときに、土地の人が教えてくれました。
30年くらい前までは、冬になると、各家庭で大きなコンテの塊を備えたのだそうです。
コンテチーズだけが、冬の主なたんぱく源だったから。
そんな時代が長く続いていたのだ、と。

それに関連して、私の祖母が話してくれた味噌に関するエピソードを思い出しました。
第二次世界大戦中、空襲警報が鳴ると
「米と味噌を持って逃げた」のだそうです。

コンテも、味噌も、
発酵食品で、塩味。
長持ちするし、たんぱく質豊富です。
似ている……
[PR]
by societebonne | 2011-03-22 23:33 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< 桜が咲くのを楽しみに……/加藤@東京 エッグスタンドで卵を食べよう ... >>