<< 思い+おいしいもの=パリのチャ... 桜が咲くのを楽しみに……/加藤@東京 >>

教会のキャンドル /角野恵子@パリ

e0174436_16493160.jpg

東京のかとうへ、

「かくれコレクション」というのではないけれど、
教会のキャンドルを買うのが好きです。
日本へのお土産にしたり、自分で使ったり。

↑ のは、2月休みに遊びに行った、アヌシーの教会で買いました。
3ユーロだったかな。

フランスにはあちこちに教会があるので、気が向くと中をのぞきます。
ほとんど住人のいないような小さな村にも教会はあるし、
そんな教会にも、ちゃんと火のともったキャンドルが供えてあったりして、
そんな場面を目にすると、とても静かな気持ちになれます。

ちょっと大きい教会だと、自分のところの名入りキャンドルを置いているよね。
そんなときには必ず、1つか2つ購入。
もちろんその場で火をともし、お供えもしてきます。

名入りだと思い出にもなるし、絵や色使いに独特な風情があるし、
それに3~5ユーロと手ごろ、かさばらず、壊れ物でもない。
お土産に最適だ、と思いますよ。

私は生活のなかで、キャンドルをちょくちょく使います。
リビングの照明が足りず、暗いので、それをフォローするために。
それから、オール電化の住まいにも、ちょっとは火の温かみを添えるために。

教会のキャンドルは安定感があるから、火事の心配も少ないです。
優れものだ。
[PR]
by societebonne | 2011-03-25 16:45 | パリのおみやげ
<< 思い+おいしいもの=パリのチャ... 桜が咲くのを楽しみに……/加藤@東京 >>