<< ノースピガールの夜@レストラン... ソーラーライト、ただいま充電中... >>

イル・フロッタント/加藤@東京

パリの、すみの様

e0174436_932659.jpg


東京も、気持ちのいい天気が続いていたのですが、
昨日の午後あたりから、天気は下り坂。
九州は早くも梅雨入りとのことで、憂うつな日々がそこまで来ています。。

***
さて、つねに、がっつり系フレンチの話ばかりを書き、
親父感炸裂のカトウですが、もちろん、洗練フレンチだって、たまには、行きますよ。
でも、そういう店で写真を撮るという行為ができない小心者なので、あまり書けずにいるのです。
(ただの食いしん坊で撮影するのを忘れてるという説もあり)

先日行ったキュイジーヌ [s] ミッシェル・トロワグロでも、撮った写真は上の写真1枚……。

めくるめく大ごちそうなのに、これだけって??感じだし、
メインのデザートでさえもないし(笑)。

でも、フランスの伝統的なデザート「イル・フロッタント」が、
こんなふうに、現代的なプレゼンテーションになってることがおもしろくて、1枚撮ったのです。

イル・フロッタントは、浮かぶ島という意味だと思うのですが、
これは、軽やかな雲!?
味もべたべたに甘いことが多い伝統的なものと違い、軽やか~。
カシスと風味だったと思います。

さて、肝心のキュイジーヌ [s] ミッシェル・トロワグロの料理は、
スパイスが上手に使われていて、さわやかな皿が多かった印象。
やっぱり、洗練されてます。

いつものがっつりフレンチとは、完全に違う代物ですが、
これはこれで、大好き!
特別感も満載で、幸せな気分になれますよね。

夜に伺ったのですが、ここは窓も大きく、隣の緑がよく見える場所なので、
ランチに行くと気持ちがいいかも! 次回はランチかな?

私が行ったときは違いましたが、
先週末は、ミッシェル・トロワグロさんご本人が来て、料理されていたみたい。
一度だけ、ロアンヌの本店にも伺いましたが、お料理は本当!!においしく、ホテルも超おしゃれ。
なのに、当のシェフはすごく気さくなかたで、気軽に話しかけてくれて感激したのでした。
また、行ける日が来るのだろうか??

あ、そうそう、こちらのグラスのシャンパーニュ、
一昨年行った ド・スーザのものでした。
めったに出会えないので、うれしかった~。
[PR]
by societebonne | 2011-05-23 16:44 | 日本で楽しむフランス
<< ノースピガールの夜@レストラン... ソーラーライト、ただいま充電中... >>