<< みそおでん×ワイン/加藤@東京 ベックオフ/加藤@東京 >>

2つ星レストラン「ラ・ビガラード」の、8品ランチ+コースワイン /角野恵子@パリ

e0174436_15532564.jpg

東京のかとう殿、

このゴールデンウイーク中、東京からパリに遊びに来ていたTさんと一緒に
ブレッド&ローズでランチしたり、ジョルジュ・キャノンで中国茶ブレイクしたり、
ユーゴ&ヴィクトールでショコラやフィナンシエを買ったり、
私もパリ歩きを楽しんだことは、すでにお知らせしたとおり。

そんな食い倒れ的GWのメインイベントが、今回ご紹介する「ラ・ビガラード」でのランチでした。

まずは ↑ 突き出しのフォカッチャをかじりつつ、シャンパンで乾杯。
(添えられたオリーブオイルが上質で、実にさらりと「果汁!」してた)

料理は8品のコース OR 12品のコース(ここんちはコースのみなんだよね)で悩みましたが、
8品のコース(46ユーロくらい)を選びました。

ワインも、料理に合わせたものをサーブしてもらえるおすすめコース(48ユーロくらい)に。
半グラスずつサーブされる、ということで、さてさて!わくわくします。

1品目、ソフトシェルクラブのから揚げ。
e0174436_1555042.jpg

雲母のような塩と、カラメル化させたライムが添えてあります。

これを手で食べます

手で食べる、というのは、フランスで、しかも2つ星で、画期的な試みでは?!
アツアツのカニは、さくっといい感じにあがっていました。
そうそう、あぶったライムからは、驚くほどたっぷりとジュースが出てきましたよ。

次のお料理のために、白ワインがサーブされます。
e0174436_15561913.jpg

結構やんちゃな味だった記憶が……

お料理のためのテーブルセッティング。
e0174436_1604183.jpg

ナイフ・フォークをそろえてむこうに置き、
テーブルの真ん中にポン、とスプーンを。 
斜めなのがポイントで、この後のサービスも一貫してこの「斜め置き」でした。
個性的!

サーブされた2品目は、パプリカのグラニテと、
e0174436_1558457.jpg

(↑ 真ん中の白いのは、蕪だったと思う)

カニの1品。スライスしたラディッシュの上に、なんと梅干があしらってあります。
e0174436_1644100.jpg

私は肉を食べないのでカニでしたが、Tさんは
生の仔牛の1皿を食べていました。

カニと甘めの梅干、いい感じでしたよー。
シブレットとラディッシュも、ほんの少しなんだけど、元気いっぱい
フレッシュな香りがたまらなかった。

テーブルはこんな感じになります。
e0174436_166816.jpg

水のグラスが、程よくカラーを加えていますねえ。
店内の内装もテーブルの上もウルトラミニマルなので、こういう遊びがかなり効果的でした。

さ、お次のワインも白!
e0174436_1683136.jpg

これがちょっと風変わりな、スモーキーなお味。

というのも、お料理(3品目)がこちら、焼きイカなのでございます。
e0174436_1672325.jpg

皿のふちに、ほんの一切れだけサーブされたうなぎが、
あぶらののりといい、塩加減といい、たまりませんでした。
かとうと一緒に行ったムーリスのテロワール・パリジャンを思い出してしまった。
うなぎ、上手に調理すると、こんなにおいしいのね。
とろけるようでしたよ。

イカもうなぎも、スモーク風味がしたので、スモーキーなワインだったのね、と納得。
イカの向こうにあしらった黒いものは、なんだったっけなあ…… おいしかったんだけど……

次のワインは、リースリング。
e0174436_1695370.jpg

でもフルーティーで甘いやつではありません。(べたべたに甘いリースリングなんて、今はもうないか)

これにあわせる4品目は、あぶり鯖と木苺のハーモニー
e0174436_1611463.jpg

シソの葉があしらってあります。
バーナーであぶっただけの生の鯖に、ちょびっとだけお醤油がさしてあり……
これが木苺のさわやかな甘さと溶け合うのですっっ!!
不思議な組み合わせなのだけど、リースリングを一口ふくむとフルーティ。
それが木苺と呼応し……
ううむ。なるほど、と。 
ところでフランスの鯖、おいしいよね。

5品目は ↓ 、何だと思う? 小さな白い杯にサーブされた、
e0174436_1613798.jpg

うずらの温泉卵よ!
海草とお酢が隠し味、一口でするっと食べると、なんだかとってもなつかしいー。

見た目にも美しいし、白い杯の潔いデザイン性にも、再発見させられる思いでした。
やー、これは楽しかった。

最後のお料理に合わせるワインです。
e0174436_16194183.jpg

南のソーヴィニヨンブラン。しっかりめでした。

6品目、チュルボ(大型のひらめ)、フロマージュブラン(だったとおもう)、旬のグリンピース
e0174436_16144729.jpg

上にあしらった細長いものが何だったのか、
向こう側に添えられた黒いソースがなんだったのか、まったく覚えていません。 なさけない。
あ、でもはっぱは、三つ葉でした。

確か、ごま油とか、ポン酢?とか、和の食材が多く登場していた。

フロマージュにあわせるワイン。やはり白。
e0174436_22524716.jpg

野趣あふれるお味だったような…… 

フロマージュの盛り合わせで、7品目、ということかな。
e0174436_22554914.jpg

薄くスライスしたサンネクテールと、シェーブル
炒ったヘーゼルナッツと、味の濃いマーマレードが添えてあります。
あらびきコショウも少々。

「食後のチーズって、このくらいで十分なんだよね」
と話しながらいただきました。

順序がおかしくなっていないといいけれど、↓ このワインとデザートをあわせたのだったと思う。
e0174436_22584100.jpg


ずらーり、小鉢が4つ。 デザートというか、トゥルノルマン?
e0174436_2301542.jpg


ルバーブのグラニテ
e0174436_232513.jpg

シブレットの花と、ソラマメが添えてあります。
色もきれい、口当たりもさわやかな一品!


↓ これ、完全に忘れました。パイナップルに見えるのだけど……
e0174436_2351579.jpg

グリーンのソースは、確かルッコラ……
Tさん、もしよろしければ、お教えくださいませ……

↓ これもわすれた。「カレー」だったかな?
e0174436_2372184.jpg

もう1品、一番右側の白い小鉢に「カレー」が入っていたのかもしれません。
マスカルポーネのカレー味、みたいな1品で、これ、面白かった!!

この小鉢たちは、どれも一口でするっといただき、
口の中で素材の奏でるハーモニーを楽しむ、という趣向のものでした。

デザート。これで8品目ということ? 
e0174436_23113761.jpg

バニラのアイスクリームに散らした黒いものは、
カリカリに炒った黒オリーブでした!
濃厚なお味のオレンジマーマレード(というか角切り)が添えてあります。
よかった、記憶が戻ってきた……

メレンゲと、旬のイチゴ
面白いことに、スライスした生のカリフラワーが添えてありますよ。
e0174436_23144153.jpg

濃厚なメレンゲが、すばらしかったです。
季節のイチゴといい、上等なものを少しだけ、というの、よいよね。


デザートの〆は、もちろん! タルト・オ・ショコラですっ!
フランスだもんね!!!
e0174436_23203068.jpg

これも手でいただくしくみ。
一周して、最初の手づかみフォカッチャを思い出し、おしまい。 という演出でした。
おみごとー!

この、ミニマルだけとポエティックな盛り付け、素敵です。
全体を通してそうでした。
お料理そのものも、「ミニマルだけどポエティック」だったかもしれません。
うん、そんな気がする!!

そしてお腹いっぱいに。
ハーブティーをたのみました。
e0174436_2323501.jpg

Tさんは……ごめんなさい、何でしたっけ?エストラゴン、とか、
ちょっと意外なものを頼んでいたような……

私はかとう宅を思い出しつつ、ヴェルヴェンヌ

マカロン(食べた感じはダッコワーズ)もついてきましたよ。
e0174436_23263215.jpg

ハーブティーのハーブは、キッチンの向こうにある中庭から摘んできたもの。
それにすぐさま熱湯を注ぎ、このようにサーブしてくれたのです。
生の葉の美しさにうっとり。
このサーバー、一輪挿しのようでもあり、徳利のようでもあり。
うちでもできそう。

以上、最初に予測はしていましたが、
何を食べたか、何品だったのか、わからなくなったコースランチのレポートでしたー。


細かな記憶はこのありさまだけど、
写真を見つつ思い出したのは、料理人たちの丁寧な仕事ぶり。
小さな店のほぼ半分がオープンキッチンになっている、その理由は?!
話題の店で、今まで何度か予約を試みたもののうまくいかず、今回やっと行くことができ
本当に良かったです。

それにしても、こんなに凝り凝りのコースが50ユーロ以下!!というのは
驚きだよね。

e0174436_21461962.jpgTさんこと、露木朋子さんでーす。
かとうの紹介で知り合うことができた、敏腕編集者&ライターさん。

「パリのマカロン特集」「パリのショコラ特集」をご一緒させていただきました。なつかしい。
(なぜかスイーツにご縁がある私たち)


露木さん、さらりと手にしたタルトオショコラ、実に似合っていますよ!!
また遊んでくださいねー!!


La Bigarrade
106 Rue Nollet
75017 Paris, France
tel. 01 42 26 01 02
HP → 




追記:
ひらめの一皿は、
青いマンゴー(見えないけど)と、アンチョビ、そしてフレッシュシェーブル。黒い物体はアイオリノワール。
デザートの小鉢の「カレー」は、
マンゴー、カレーにクレームドシトロン、ラディッシュ。
ハーブティーは、私がエストラゴンを飲んでいた。

以上、詳細ありがとうございました、露木さまっ!!

[PR]
by societebonne | 2011-05-10 02:08 | フランスのレストラン・カフェ
<< みそおでん×ワイン/加藤@東京 ベックオフ/加藤@東京 >>