<< ムーリス賞2011の様子、アッ... ボルディエバター情報@パリ/角... >>

センスがいいとほめられるインテリアのルール マリーさん宅/角野恵子@パリ

e0174436_1516850.jpg

東京のかとう殿、

3連休ですね、
パリは新しい1週間がスタートしたよ。
さて、『センスがいいとほめられるインテリアのルール』、ご好評をいただいているので、
ロケハン写真をアップすることにしました。
マリーさん宅、3年ほど前にロケハンしたときの写真なので、
本に掲載されている状態とはまた違っています。
インテリア好きがいかにマメに模様替えをしているか、驚かされますね。

***

「ルチェーレ!」でキッチンを紹介した、マリーさん宅です。
今回アップする写真のいくつかは、大和ハウスの冊子「マイ・ハッピー・ファミリー」でも使用しています。

玄関を入ると、すぐにキッチン。
その奥に、サロン、夫婦の寝室+バスルームが続きます。(うなぎの寝床風つくりのアパルトマン)
e0174436_15474062.jpg

サロンは、2つのコーナーに別れています。

ガラスの向こう、突き当りが夫婦の寝室。
e0174436_1517012.jpg

まず、サロンの「奥のコーナー」には、ナタリー・ニコラのロフトと同じような
棚兼ベンチを作りつけ。
マレの古いアパルトマンなので、天井はあまり高くありません。
おそらくそのせいで、低く暮らす工夫をしているのだと思います。
e0174436_15311433.jpg

ベンチの上には、柄違い、素材違いのクッションを
たくさん重ねて置いています。

マリーさんは内装スタイリストなので、
ファブリックのアレンジがとても好きみたいですね。

サロンの「手前のコーナー」。 壁の向こうがキッチンです。
e0174436_15173766.jpg

まるでメゾンエオブジェのショールームのよう。
壁紙、シャンデリア、床の毛皮……
e0174436_15433531.jpg

素材違いのカーテン ↓ 、チェアーはポニーかな?

中庭に面した2階と3階(日本流の)が住まいなので、
実はあまり日当たりがよくありません。
e0174436_1518821.jpg

それゆえ、極力壁を作らず、どうしても壁が必要な場合はガラス+カーテンで仕切る
という工夫がされています。
夫婦の寝室に作ったバスルームも、壁ではなくガラスで仕切り。
e0174436_1526930.jpg

こちらでも、ファブリック使いを楽しんでいますねー。
床のタイルも込みで眺めると、徹底した柄ON柄で攻めています。
女性的ラブリーな世界が大好きと見受けました。
e0174436_15373056.jpg

バスルームの洗面所のディテールです。
小物は黒で統一して、ごちゃごちゃ感を排除しています。
e0174436_16174312.jpg

上階には子供部屋が3つあります。
こちらもうなぎの寝床風。壁はなく、ガラス+カーテンで仕切られた部屋が続きます。
e0174436_16155141.jpg

一番手前が三女の部屋。(何歳だったっけな……)
e0174436_1623417.jpg

ブルーとグレーを貴重に、ところどころに暖色(照明など)を配しています。
e0174436_16342144.jpg

お隣は、次女の部屋。
天井の照明は、赤い星型でした。
e0174436_16464152.jpg

廊下側から見ると、こんな感じ。
e0174436_1655091.jpg

一番奥が長女の部屋です。

今気づいたのだけど、壁には収納が作りつけてありますね。
多分突き当りはバスルーム。
e0174436_16572440.jpg

ちゃんとシャンデリアがあって、おちゃめなトラの敷物がしいてあるのが面白い。
エスプリだけはお母さんの寝室、って感じ。
e0174436_1715133.jpg

以上、マリーさんの住まいでした。

色使い、ファブリック使いが面白いね。
それに、こった壁紙はかなり上級者仕様だと思いました。


***

追記:
ライター角野恵子のパリ通信に、
山梨の実家の菜園の様子、アップしました。→ こちら
フランスのアール・ド・ヴィーヴルと日本のそれ、比較してみてね053.gif
[PR]
by societebonne | 2011-10-10 15:29 | インテリア・暮らし
<< ムーリス賞2011の様子、アッ... ボルディエバター情報@パリ/角... >>