<< パリでうちごはん実践編 by ... 浮世絵/加藤@東京 >>

ボンベイサファイア250周年記念パーティ@ラペルーズ/角野恵子@パリ

e0174436_16545444.jpg

東京のかとう殿、

5月31日(火)、ボンベイサファイアの250年目のアニヴァーサリーを祝う
お集まりに出席しました。

場所は、セーヌ川左岸のレストラン『ラペルーズ』
シタディーヌ・サンジェルマンの、すぐ隣です。
e0174436_1621067.jpg

扉を開くと、そこは映画『ミッドナイト・イン・パリス』の世界!

今回初めて知ったのですが、『ラペルーズ』は1766年に建設された邸宅。
後にレストランとなり、1933年から38年間三ツ星に輝いたという、華々しい歴史があるのだそうです。

1850年頃には、パリの文学者たちの社交場となり、ジョルジュ・サンド、エミール・ゾラ、ヴィクトール・ユーゴーらが
ここに集ったとか。

しかし何より驚くべきは、かのエスコフィエが料理長を務めていたという事実!!

ボンベイサファイアのおかげで、ここを知ることができ、感激です。
e0174436_23211526.jpg

ベルエポックさながらの室内を尋ねてゆくと、
小さな部屋がそれぞれ違った趣で飾り付けられてありました。
ボンベイサファイアゆかりの大陸を旅する、という趣向。

たとえばこちらの部屋は、「アジア」です。
e0174436_1652230.jpg

シナニッケイとréglise de chine(甘草)が、アジアからもたらされた…… と
入り口の小さなパネルに説明があります。

インドのサリーをまとった女性に、ブルーのリボンを手首に巻いてもらい、
お香をもって奥へ。
e0174436_1674218.jpg

お香を、黄金のブッダにお供えします。

ほかに、オセアニアの部屋と、アフリカの部屋がありました。
大英帝国の栄華を想い、しばし空想の旅に出てしまいましたよ。

『ラペルーズ』という歴史ある空間だからこそ、大英帝国の栄華がよみがえったのだと思います。
壁には『ラペルーズ』ゆかりの劇作家や、作家、俳優たちの写真が飾られ、
トイレもこんなにすてきー!
e0174436_16101431.jpg

さてさて、狭い階段を上って、バーのある会場へ急ぎましょう。

この日は、3つのカクテルをいただける予定でしたが、
きゅうりをつかった1杯は、バクテリア騒動ためはぶかれてしまい…… 残念。
e0174436_1615582.jpg

会場にブルーの差し色が効いています。
ボンベイサファイアカラー。

バーももちろんブルー。
e0174436_16175329.jpg

最初の1杯、「ボンベイ・コスタブランカ」。
e0174436_16243019.jpg

ボンベイサファイア
レモンジュース
ライム
レモン
オレンジ
 (バーマン談)
これをトニックウオーターで割る。

さわやかで、夏にぴったりの1杯でした。


2杯目は250周年記念カクテル、その名も「250イヤーズボンベイサファイア」!
e0174436_1629355.jpg

ボンベイサファイア
クランベリージュース
べネディクティン
ローズマリーの汁
 (バーマン談)

バカルディ・マルティニグランプリで優勝した、女性バーマン
オレリーパヌルーさんのクリエーション。

こってりと濃厚で、アフターディナーのイメージかな。
(それに結構甘め)
e0174436_16455551.jpg

バースペースは大盛況です。

3種類のカクテルに合わせた3種類のフィンガーフードも、用意されていましたヨ。
e0174436_16361771.jpg

ソワレにはDJがかかせませぬ!!
ユニオンジャックを背負って、ひゅーひゅー!(?)

e0174436_16392111.jpg

窓の外に目を向ければ、セーヌ川を行くバトームーシュ。

e0174436_1642459.jpg

これが素敵でないわけがないよね。

バー会場下階のフロア、各テーブルには、ボンベイサファイアと
その原料となる10種類のスパイスが、陳列されていました。
e0174436_16125520.jpg

250年間まったく変わらない製造法とレシピ。
ヴィクトリア女王の肖像をあしらったラベル。
英国の栄華を思わせます。

日本でも同じようなアニバーサリーイベントがあるのでしょうか。
今年はロイヤルウエディングもあったし……
ボンベイサファイアにとっては、喜ばしい偶然ですよね。

さてと、帰りますか。
e0174436_23184728.jpg

『ラぺルーズ』1階の内装は、船室をイメージしています。
いやー、素敵な空間でした。

歴史、そして文化…… 
こういうものを見せ付けられると、つくづく、
「食」と「ライフスタイル」はひとつだ!と、実感します。
e0174436_16491990.jpg

ちなみに『ラペルーズ』現シェフは、エリック・フレションの下で10年間働いたという、若い人物。
これから新時代を築くことができるか?
目指せ、三ツ星!(なのだそうですよ、HPによると)

HPがまた素敵なので、下のリンク、ご覧くださいませ。
e0174436_1653198.jpg



Lapérouse
51, quai des Grands Augustins
75006 Paris
Tel: +33 (0)1 43 26 68 04

[PR]
by societebonne | 2011-06-07 19:48 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< パリでうちごはん実践編 by ... 浮世絵/加藤@東京 >>