<< 『アルページュ』シェフ、アラン... パリからヴェニスへ! ① ゴン... >>

パリからヴェニスへ! ② 夜行列車の旅 /角野恵子@パリ

e0174436_1293395.jpg


3連休を利用した、パリからのヴェニス旅行

飛行機なら片道約1時間40分、175ユーロ(往復料金)~、
夜行列車だと片道13時間、60ユーロ(6人部屋の寝台車)~、
と、手もとのガイドブックにあります。

飛行機は手っ取り早いけれど、でも
列車の旅のメリットは、「空港まで移動する必要がない」こと。
パリ市内から列車に乗って、ヴェニスのサンタルチア駅まで直行できる。

それに、
金曜日の夜、列車に乗ってしまえば、
翌朝にはヴェニスに到着している

と考えると、時間の節約にもなります。
短い週末旅行にはもってこい!
さらに、金曜夜のホテル代も節約できるし。

というわけで、土・日・月の3連休ヴェニスの旅の出発に、私は夜行列車を選びました。
料金は大人1人、子供2人(12歳、11歳)で、合計295ユーロ。
帰りはeasyJetという格安エアラインを利用し、721,97ユーロです。

パリ→ヴェニス夜行列車の旅程は、以下のとおり。

Paris-Bercy (> Dijon > Dôle) > Milano > Brescia > Verona Porta Nuova > Vicenza > Padova > Venezia Mestre > Venezia S.L.

パリ・ヴェルシー駅 20時33分発。
ベネチア・サンタルチア駅到着 翌9時43分


電車の中で一晩寝て
目を覚ませば、水の都、ヴェニスに到着しているわけです053.gif

が、パリ・べルシー駅にきてみると(1時間も前に……)
スイスのトンネルで火災があり、イタリアから到着するはずの車両が遅れ、
私たちの出発も1時間遅れる、とのアナウンス。

「イタリアの列車はひどく遅れる」という悪評を、いろんなところで目にしていましたが(今でもかい!)、
さっそくのおでまし。
「じゃ、9時半につくのが、10時半になるのね」と、強いて気楽に構えた私が甘かった、なんて
このときは知る由もありませんでしたよ。

とにかく、到着した車両に乗り込みます。
e0174436_145596.jpg

どやどや。 アメリカ人の修学旅行グループの面々も、同じ車両に乗り込んできます。

「これは夜、うるさそうだなー」
という心配は、的中しました。

でもご覧のとおり、おじいさんも乗り込むし、
また小さな子供連れもいるしで、いろーんな人たちが夜行列車を利用するのだなあ、と。

私たちのコンパートメントの扉。(イタリア語表記ですねえ)
e0174436_148327.jpg

これで自分の寝台を確認します。
ちなみに、3段ベッドの一番上が、盗難も少なく(昔得た情報)、天井スペースも広めで人気のようですが、
私が予約をしたときには、最上段はもういっぱいでした。

さらに加えると、ヴェニス行きの夜行列車には、
1人部屋や3人部屋もあります。
もちろん私も3人部屋を狙いましたが、これは、かなり早い時点での予約が必要のようでした。
ビエンナーレ開催中の週末、というのも、影響したのかもしれません。

私たちのコンパートメントは、若いカップルと同席です。
なんと、ヴェネズエラからいらしたとのこと。 すでにポルトガルとスペインを、列車で周ってきたのだそうです。
e0174436_1501014.jpg

出発が1時間遅れたので、はやくも子供たちはあきあき。
マンガとゲームを持っていてよかった。
(ついでに、サンドイッチやお菓子、水も、準備していてよかったー!!)

電車が動き出し、しばらくしてから
座席の背を倒してベッドをセット。(もちろん客が自力で)

車掌さんが、毛布とシーツを配ってくれます。 枕もありました。 なかなか快適。
e0174436_1542136.jpg

途中、車掌さんが、チケットとパスポートを集めに来ました。
真夜中に国境を越えるので、パスポートコントロールを車掌さんが代行してくれる
仕組みなのだそうです。

「明日の朝、起こしにきますから」
と、若くて美形の車掌さん。(フランス語、英語、イタリア語を話しましたが、スイス人だった気がする)

寝台の上で、
「こんど、友達と一緒にやりたいよ」と、子供たちは楽しげ。
ながーく横になれるので、飛行機のエコノミークラスに比べれば天国です。
この日はすんなり寝付き、「目が覚めればヴェニスね」と、あくまでも気楽な私でした。

夜中に何度か電車が止まり、「ここはディジョンか?」などと思っていましたが……

明るくなっても、そしてかなり日が高くなっても、誰も起こしに来ません。
しかも、電車は止まったまま。 廊下から、コーヒーと紅茶を売るワゴンの音が聞こえてきます。
イタリア語?
ここはどこー?
e0174436_15811100.jpg

Modaneという駅、山の上に城壁が見えます。

ベネズエラの彼が駅員さんと長話をし、得た情報によると、
「この列車には lot of problem がある。
彼らもどうしたらいいか、何時につくのか、わかっていない。
でもヴェニスに到着するよう、努力してくれる」

ということ。 
なんだか心もとないわ……

上の写真は車内から撮影したので、暗いですが
外はこのとおりの快晴。
e0174436_211215.jpg

「土曜日は晴れのち曇り、日曜日は曇り時々雨」が、この週末の天気予報。
天気のいい土曜日に、一日列車の中だなんて。 あんまりだわ。

(しかし今も思うのですが、この駅で降りてゆく人たちは?? 一体何なのでしょう)

続いて、トリノに到着。
e0174436_243553.jpg

ユーロスターです。
イタリアにユーロスターがあったのね。

そして広がる田園風景。 水田です!!
e0174436_274151.jpg

北イタリアはリゾット、南はパスタ、と聞いたことがあります。
水田はずーっと続きました。

家々にはバルコニーがあり、
そのバルコニーに国旗を掲げているところが多かったです。 もちろんイタリアの。
洗濯物もよく見ます。
あと、バルコニーを覆う、外のカーテンのようなものも。
屋根は赤く…… やっぱりイタリア。 フランスとは違うのですねえ。

ノヴァラという駅。 野バラ。(ごめん)
e0174436_2113546.jpg


そしてミラノ!
e0174436_2152463.jpg

ようやくミラノだよー!!

ホームの自販機には、あっという間に人だかり。
e0174436_2185254.jpg

勇気のある人は、駅構内の店まで、ピザや飲み物を買いに行っていました。

でも、列車の停車時間が何分間か、駅員にもわからない状態。
私には、そんな冒険はできませんでした。
(しかし毎回、ながながと停留するんだ、これが)
e0174436_221376.jpg

たしかこの時点で、すでに午後1時をまわっていたはず。
みんな空腹です。
だって、夕飯はサンドイッチだし、朝ごはんも食べていないのだから。
もちろん夜行列車には食堂車がありますが、この遅延のせいで
食べ物も飲み物も、とっくに売切れていましたよ。

車両から一歩も出ず、ひたすらゲームをする子供たち。
頭の上に、ベネズエラの彼の足がぶらり。
e0174436_2233213.jpg

ミラノに到着する前に、私は年配の車掌さんに質問したのです。
「ミラノに着いたらこの列車を降りて、ユーロスターに乗り換えたほうが
早くヴェニスにつけるのではないか?」と。

その車掌さんは、電話でどこかに問い合わせをして、
私のコンパートメントまで情報を伝えに来てくれました。

「ミラノからヴェニスまでは、2駅しか止まらない。
ユーロスターは速度は早いけれど、別のルートを通り、何駅も停車する。
だからこの列車に乗っていたほうが、やはくベニスにつける」

なんかへん。 そんなことあるか? とギモンでしたが、
もーいいや、と腹をくくって、同じ列車で旅を続けましたよ。

でも、ミラノを出てから停車すること、約5回。 もっとかな?
最初のうちは、停車するたびに駅名を撮影しよう!とがんばっていましたが、
もうやめました。

途中、水とジュース、ウエハースが配られました。
e0174436_2262775.jpg

なんとか飢えをしのぎ、「食費が浮いたと考えることにしよう」と切ない努力をし。

気づけば海を渡っています。
いよいよヴェネチア・サンタルチア駅に到着ですよーーーーーーーーーっ!!!!!
e0174436_2313710.jpg

感動、というよりも、感覚が麻痺してしまった感じ。 (珍しく頭痛もあって……)

でもとにかく到着しました。
午後6時。
長かった…… それに疲れた。 腹減った。
 
e0174436_235072.jpg

列車を降りたら、「ヴァポレット」という船のバスに乗らねばなりません。
ホテルに行かねば。


ホームをそのまま直進し、駅の正面口を出ると、この景色! わーお!
e0174436_2402256.jpg

駅前広場の向こうは、道路ではなく、水です!!
やー、ヴェニスって、本当に、道が水(運河)なのねー。


右を見ると、こんな感じ。
e0174436_2441113.jpg




左を見ると、こんな感じです。
橋の上には、結構な数の人(観光客)。
ビエンナーレの影響も、あるのでしょうね。
e0174436_2471864.jpg

黄色い線のあるプレハブのようなものが、ヴァポレット乗り場 ↑ です。
運河に浮いています。
ここからヴァポレットに乗り、リアルト橋で降り、サンマルコ広場方面へ歩くと
予約をしたホテルがある。はず。

「夜行列車で交通費を節約する分、ホテルは贅沢をしようと決めてよかった。」
そう思いつつたどり着いたホテルは、ものすごーくラグジュアリー!ではありませんでしたよ。
ヴェネチア価格ですね。

以上、パリからヴェニスへ、夜行列車の旅でしたー。

***

本来ならば、パリ・ベルシー駅を出発後、ディジョン、ドール(ジュラ)に停車、
スイスを越えてイタリアに入り、ミラノからヴェニスへ、というコースのところを……
e0174436_2024294.gif

トンネルの火災があったスイスを迂回し、トリノからイタリアに入った、ということのようです。

e0174436_0114335.gif

今調べて、やっとわかりました。
昔は地図と時刻表を持って旅行をしたものですが、今は現地のガイドブックと往復のチケットだけ。
これでは予期せぬ事態がおきたとき、うまく対応できません。
あ、でも、Iphonとかで、スムーズに対応できるのか。

私のパリ→ヴェニス寝台列車の旅は、悲惨な結果となりましたが、
本来ならば中間のいろいろはすっ飛ばして、
パリで列車に乗り、ヴェニスに到着した写真だけで済んだはずです。(って結構リスキーみたいだけど)
ご興味のある方は列車artesiaのサイトをご覧ください。

また、オリエント・エクスプレスを利用すると、とーってもラグジュアリーなムードの中で
ヴェニスに到着できるようです。


結論:
また同じ目にあうのはまっぴらだけど、
今の時代とは思えない旅行気分を味わえました。
また、車窓の風景が変わってゆくのを眺めるのは、よいものです。
言葉も徐々に変わります。
そういう感覚は、飛行機では味わえないですね。
[PR]
by societebonne | 2011-06-17 00:32 | 近況&その他
<< 『アルページュ』シェフ、アラン... パリからヴェニスへ! ① ゴン... >>