<< 本出ました!/加藤@東京 Shang Palace, シ... >>

フランスのホームメイドジャム、再び/角野恵子@パリ 

e0174436_1930413.jpg

東京のかとう殿、

とうきょうもようやく秋模様、と耳にします。
パリのマルシェでも、夏の食材が終わりつつある感じ。

で、今回の写真。
今年2月に遊びに行った、ナタリーの家でもらったジャムです。
このオートサヴォア地方の親戚は、きっと今年も今頃、庭の果物や野菜を使って
せっせとジャム作りをしているのだろうなあ。
マルシェでなごりの果物を見ていると、そう思うのです。

写真のジャムは、グリヨット。
酸味の強い、小さなサクランボですね。
ご丁寧に、ラベルまで手作りするから笑えます。
ちなみに、ジャム作りもラベル作りも、ナタリーの夫のミッシェルがやるんだよ。
e0174436_19352048.jpg

手作りのジャムって本当に、ほんとーに美味しい。
私の母はよく、自分のジャムをほめられると
「混ぜ物がないんだから、おいしいにきまっている」
と言うけれど、それだけだろうか。
はっとするほど、果物の香りと味が鮮明です。
よく熟れた果物がたくさん手に入ったら、ジャムにしたいなあ。

我らが重信初江先生の保存食、杏のシロップ煮レシピは ?? こちら!!
[PR]
by societebonne | 2011-09-27 14:47 | フランスの食&お惣菜
<< 本出ました!/加藤@東京 Shang Palace, シ... >>