<< 前川 國男邸 in 江戸東京た... センスがいいとほめられるインテ... >>

アールドヴィーヴルの美術館にて、アラン・パッサールコラージュ展 /角野恵子@パリ

e0174436_1302155.jpg

東京のかとう殿、

私の投稿がつづいてすまん。

10月19日から、ニッシム・ドゥ・カモンド美術館にて、
アラン・パッサールのコラージュ展が開催されています。

この美術館、前回かとうがパリに来たときに
見に行こうかー、と誘ったところです。(却下されたけど)
フランス19世紀末の、上流階級の暮らしぶりを今に伝える
貴重な美術館なのですよ。
詳しくはこちらをぜひ!!

アラン・パッサールのコラージュ
展開催パーティの様子はこちら
パッサール本人ももちろん来ていて、ご満悦の様子でした。

いつも思うんですが、この人、
ミュージシャンのようにセクシー。
彼のBDにも描かれているように、
レストラン『アルページュ』の料理で
完全に彼のとりこになってしまう女性も多い様子。
よくわかります。

そうそう、今回の写真は、
カモンド美術館の中で私が一番気に入った場所、台所です。
豪華絢爛のダイニングルームその他は、もちろん素晴らしいです。
でも、使用人たちのステージである台所のほうが
私には味わい深く、魅力的に見えました。

当時の人々の暮らしぶりをのぞくことができる、なんて、
ちょっとすごいと思わない?
台所は1階、ダイニングルームや応接間は2階、寝室やバスルームは3階にありました。
ふーん、そうなんだー、
という感じです。

インテリアファン、アールドヴィーヴルファン、テーブルコーディネートファンに
おすすめの美術館でした!

Musée Nissim de Camondo
63, rue de Monceau
75008 Paris
開館時間:10時〜17時半
定休日:月・火曜

[PR]
by societebonne | 2011-10-19 01:51 | インテリア・暮らし
<< 前川 國男邸 in 江戸東京た... センスがいいとほめられるインテ... >>