<< 堀内誠一さんのパリ/加藤@東京 すみの作のショールの出番です/... >>

ラ・ココットが生まれ変わりました/角野恵子@パリ

e0174436_17115457.jpg

東京のかとう殿、

わたくし作のショール、あのようにご紹介くださり・・・
じつに照れております。

さて、「グルメな本屋さん」として有名な
ラ・ココットが、生まれ変わったニュース、
もう届いていますか?
今年9月から、オリジナルグッズを販売するショップになっています。

ちょうどそのリニューアルパーティに、
運良く出くわしました。
ミルクファクトリーのイベントの取材が終わり、
おとなりのラ・ココットがにぎやかだったので
立ち寄ってみたところ、
そんなことになっていたのです。

e0174436_1722988.jpg

オーナーのアンドレアさん(写真1枚目、ケーキを持っている女性)が作った
蜂蜜ケーキ、
表面にあしらったイラストはまさに
ラ・ココットのトレードマークです。

この「食べられるプリント」は、よく
ショコラティエが使っていますが(ボンボンに自社マークを貼付ける際)
家庭で使うことができれば、こんな風に
にぎやかなデコレーションを楽しめますよね。

というわけで、↓ このように、販売されています。
e0174436_17261534.jpg

ラ・ココットのオリジナルグッズたちは、
すべて食に関するもの。
エプロン、鍋つかみ、先ほどの食べられるプリント、
それからポップコーンのキットなど・・・

e0174436_1733832.jpg

ドゥーディマンシュの本もありました。
このシリーズ、パリにも固定ファンがいるんですよね。
特にアーティストの間で人気のようです。


ほかにもこのように、オリジナル商品がずらり。
e0174436_17434458.jpg

写真中央のピンクのノートを
1冊購入しました。

このノートには秘密、というか、ストーリーが隠されているのですよ。
こちら、ご覧くださいね → 

e0174436_17504691.jpg

ラ・ココットは、女性二人のユニット。
ソシエテ・ボンヌも同じです。
そんなわけで・・・

とまれ、
楽しいパリのお土産探しに、ラ・ココット、おすすめです。
料理本専門の本屋さんなら、ラ・ココットではなく、こちらをどうぞ! →リブレリー・グルマンド


la cocotte
5, rue Paul Bert
75011 Paris
tel. 09 54 73 17 77



PS
今回3回も写真アップをやり直しました。
ものすごく苦労したよ、夕べから!
[PR]
by societebonne | 2011-11-24 18:25 | パリのおみやげ
<< 堀内誠一さんのパリ/加藤@東京 すみの作のショールの出番です/... >>